ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで古代の黄金の文字を作る方法

Photoshopで古代の黄金の文字を作る方法

投稿日:2009年06月09日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopで古代の黄金の文字を作ってみたいと思います。


Step1:はじめに

1000ピクセル×400ピクセルのサイズで新規ドキュメントを作成したら、背景を黒く塗ってテキストを入力します。

気に入ったフォントを使うことができますが、ここではdafont.comからこのきれいなフォントを使います


Step2:テキストにスタイルを設定する

テキストを次のように配置します(「Ctrl」+「T」キーを押してテキストを自由変形させることもできます)。

テキストを配置する

テキストレイヤーで、次のブレンドオプションを設定します。

シャドウ(内側)

シャドウ(内側)を設定する

光彩(外側)

光彩(外側)を設定する

ベベルとエンボス

べベルとエンボスを設定する

カラーオーバーレイ

カラーオーバーレイを設定する

すると次のようになります。

結果


Step3:テクスチャを重ねる

テクスチャを追加してテキストに古代の感覚を持たせます。

後の作業に備えてテキストを選択します。

テキストレイヤー上にマウスを動かして、「Ctrl」キーを押しながら左クリックすると、(以下の画像のように)テキストが選択されます。

テキストを選択する

それから「選択範囲」−「選択範囲を変更」−「拡張」を選択します(以下の画像のように操作)。

「拡張」を選択する

次のように設定します。

拡張量を設定する

テキストの選択範囲が次のように広くなります。

結果

テクスチャを追加してテキストに古代の感覚を持たせます。

このイメージをダウンロードしてPhotoshopに読み込みます。
作業中のファイルに戻って「M」キーを押して長方形選択ツール長方形選択ツールを選択したら、テキストの上にマウスを移動させて(次の画像のように)カーソルの形が変わるのを確認します。

カーソルの形が変わるのを確認する

マウスを左クリックしてから新しく読み込まれたテクスチャ全体にドラッグします。

テクスチャにドラッグする

選択した領域をコピーアンドペーストします。
この操作によって自動的に新規レイヤーが作成されますので、レイヤー名を「テクスチャ」にします。

選択した領域をコピーアンドペーストする

ブレンドモードを「オーバーレイ」にすると次のように効果がつきます。

オーバーレイにする


Step4:テクスチャのスタイルを設定する

「テクスチャ」レイヤーを3回複製します。
レイヤーのブレンドを次のように設定します。

「テクスチャのコピー」レイヤーのブレンドモードを「覆い焼きカラー」にして不透明度を40%にします。

「覆い焼きカラー」にする

「テクスチャのコピー 2」レイヤーのブレンドモードを「オーバーレイ」にして不透明度を100%にします。
「オーバーレイ」にする

「テクスチャのコピー 3」レイヤーのブレンドモードを「ソフトライト」にして不透明度を90%にします。

「ソフトライト」にする

すると次のように効果がつきます。

結果

この後は任意です。
テキストに深みを持たせたいと思ったので、「テクスチャのコピー 3」レイヤーを複製して、「Alt」+「Shift」+「Ctrl」+「B」キーを押して白黒調整ツールから複製したレイヤーを次のように設定します。

白黒調整ツールから複製したレイヤーを設定する

すると次のように効果がつきます。

結果

これでチュートリアルは以上です!
あとはテクスチャやカラーバランスなどいろいろ調整してみましょう。
すべては自分の創造力次第です。

 


Step5:完成

できあがったものは次の画像のようになります(背景のテクスチャを追加してカラーバランスを調整してみました)。

完成

このチュートリアルからひらめきが得られることを願っています。

どうもありがとうございました。


引用:Web Design Library 著者:www.psdvault.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング