スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで街を手のひらにのせる方法

Photoshopで街を手のひらにのせる方法

投稿日:2009年07月17日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで街を手のひらにのせてみたいと思います。

Step1:はじめに

はじめに、手と空と街の画像を探します。
写真の素材集サイトから検索します。
では始めましょう!
300ピクセル×500ピクセルの新規ドキュメントを作成して次のように空の画像を持ってきます。
自分の画像を使うことも私の画像を使うこともできます。

.空の画像を使う


Step2:手と背景を調和させる

手のクリップアートを追加します。
自分のクリップアートを使うこともできれば、私の画像を使うこともできます。
次のように配置します。

手のクリップアートを追加する

色調補正をして手と背景を調和させます。
「イメージ」−「調整」−「レベル」を選択して(あるいは「Ctrl」+「L」キーを押して)次のように設定します。

レベル補正(RGB)を調節する

レベル補正(レッド)を調節する

レベル補正(グリーン)を調節する

レベル補正(ブルー)を調節する

 

補正すると次のようになります。

結果


Step3:手のひらに載せる画像を追加する

手のひらに載せる画像を追加します。
クリップアートを選んでキャンバス上にのせます。
私のクリップアートを使うこともできます。
それから楕円形選択ツール楕円形選択ツールでドラッグしながら「Shift」キーを押して正円の選択範囲を作ります。

正円の選択範囲を作る

「Ctrl」+「Shift」+「J」キーを押して選択した箇所を新規レイヤーに切り出して作業したレイヤーを削除しますが、これでは使い物になりません。
そこで切り出した箇所を35%程度小さくします。

切り出した箇所を35%程度小さくする

OKです。
では、「選択範囲」−「選択範囲を読み込む」を選択して「フィルタ」−「変形」−「球面」で次のように設定します。

「球面」を設定する

すると次のようになります。

結果

「Ctrl」+「D」キーを押して選択範囲を解除します。それからシャープツールでシャープを当てます。

シャープを当てる



Step4:球体を整える

次のブレンドオプションを設定します。

ドロップシャドウを設定する

シャドウ(内側)を設定する

光彩(内側)を設定する

すると次のようになります。

結果

焼きこみツール(ブラシ:80ピクセル、範囲:中間調、露光量:30%)で円の下側を暗くします。
すると次のようになります。

焼きこみツールで円の下側を暗くする

楕円形選択ツール楕円形選択ツールで次のように選択範囲を作って、新規レイヤーを作成して白から透明へグラデーションをつけます。

グラデーションをつける

新しい選択範囲を作ったら「Delete」キーを押して余分な箇所を取り除きます。

余分な箇所を取り除く

「Ctrl」+「D」キーを押して選択範囲を解除すると次のようになります。

結果


Step5:完成

これでレッスンを終わります!
うまくいったと思いませんか?
方法を変えて別の作品を作ることもできます。
ぜひお試しください。

完成

引用:Web Design Library 著者:www.photoshopstar.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング