ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで水滴入りの文字を作る方法

Photoshopで水滴入りの文字を作る方法

投稿日:2009年07月03日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopで水滴入りの文字を作ってみたいと思います。


Step1:はじめに

はじめに、背景を作ります。
1000ピクセル×500ピクセルの新規ドキュメントを作成します。
設定はデフォルトのまま、背景色も白です。

新規ドキュメントを作成する

ドキュメントを作成したら、背景に使う画像を探します。
ここでは この写真 を使います。別の画像でも構いません。

背景に使う画像を置く


Step2:テキストに効果を入れる その1

これからテキストに効果を入れます。
文字を入力して次のように効果をつけます。
横書き文字ツールを使って任意の色で入力します。
ここでは色はあまり重要ではありません。
太字を使うのが望ましいでしょう。
このチュートリアルでは「Arial - Black」を使います。

テキストを入力する

文字を入力したら効果を入れます。
ただし始めにこれから使うテキストの効果に見合ったパターンを選択する必要があります。
ここではこちらを使います。別の画像でも構いません。
開いたら、「編集」−「パターンを定義」を選択してパターンとして保存します。
それから塗りの不透明度を0%に設定して、次のブレンドオプションをテキストレイヤーに設定します。

レイヤースタイル - ドロップシャドウ

レイヤースタイル - シャドウ(内側)

レイヤースタイル - 光彩(外側)

レイヤースタイル - 光彩(内側)

レイヤースタイル - ベベルとエンボス

レイヤースタイル - ベベルとエンボス - 輪郭

レイヤースタイル - サテン

レイヤースタイル - パターンオーバーレイ

レイヤースタイル - 境界線

すると次のようになります。

ブレンドオプション適用後


Step3:テキストに効果を入れる その2

作業を続けます。
テキストレイヤーを選択したら「選択範囲」−「選択範囲を読み込む」と操作して、「選択範囲」−「選択範囲を変更」−「拡張」で選択範囲を7ピクセル拡張します。
新規レイヤーを作成して黒く塗ります。
その後、「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズを加える」で次のように設定します。

フィルタ - ノイズ - ノイズを加える

すると次のようになります。

フィルタ適用後

「Ctrl」+「D」キーを押して選択範囲を解除したらレイヤーモードをスクリーンに変更します。

レイヤーモードをスクリーンに変更する

それから次のブレンドオプションをレイヤーに設定します。

ブレンドオプションをテキストレイヤーに設定する

すると次のように効果がつきます。

ブレンドオプション適用後


Step4:完成

これで完成です!
ウェブデザインや広告やポリグラフなどに使えるテキスト効果が簡単にできました。
このレッスンが役に立つことを願っています。

完成図アップ

完成図


引用:Web Design Library 著者:www.photoshopstar.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング