スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでテープを貼る方法

Photoshopでテープを貼る方法

投稿日:2009年09月25日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopでテープを貼ってみたいと思います。

Step1:テープを作成する

白い背景の黒いキャンバスを作ります。
新規レイヤーを作成して「テープ」と名前をつけます。
テープの領域の選択範囲を作成し、グレーで塗ります。

テープを作成する

次に、覆い焼きツール覆い焼きツールで中間調、露光量50%に設定します。
次のようにテープの中に線を引きます。

テープを作成する



Step2:テープの端を作成する

「Ctrl」+「+」キーを押して拡大表示し、テープの端に次のように選択範囲を作ります。

テープの端を作成する

「Delete」キーを押したら反対側の端も同様に作業します。
すると次のようになります。

テープの端を作成する





Step3:紙を作成する

新規レイヤーを作成して「紙」と名前をつけ、正方形の選択範囲を作成し黄色で塗ります。

紙を作成する

「紙」レイヤーを「テープ」レイヤーの下に配置します。
「テープ」レイヤーを選択したら、ブレンドモードを「乗算」に変更します。
「編集」−「変形」−「回転」でレイヤーを回転させることもできます。

紙を作成する



Step4:完成

レイヤースタイルでドロップシャドウをテープや紙に追加したり、わずかに白いオーバーレイをテープに追加して明るさを加えたりすることもできます。
いろいろ実験を重ねてみましょう。

完成



引用:Web Design Library 著者:www.photoshopatoms.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング