スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでリアルな雑草のようなテキスト効果を作る方法

Photoshopでリアルな雑草のようなテキスト効果を作る方法

投稿日:2009年09月11日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopでリアルな雑草のようなテキスト効果を作ってみたいと思います。

Step1:はじめに

新規ドキュメントを作成しますが、サイズはあまり重要ではありません。
ここでは800ピクセル×400ピクセルにします。
フォントを選択します(ここではdafont.comからこのフォントを選びます)。
背景レイヤーに文字を入力すると、新規レイヤーが生成されます。

テキストをドキュメントの中央に配置します。

はじめに



Step2:テキストに効果をつける

テキストが平たく見えますので、岩肌のような効果をつけてみようと思います。
テキストレイヤーに、次のブレンドオプションを設定します。

シャドウ(内側)
シャドウ(内側)

光彩(外側)
光彩(外側)

ベベルとエンボス
ベベルとエンボス

テクスチャ
テクスチャ

カラーオーバーレイ
カラーオーバーレイ

次のように効果がつきます。

レイヤースタイルを設定する




Step3:テキストにテクスチャを追加する

テキストに、もう少しテクスチャを追加します。
私はテキストにしっかりフィットしそうな、竹の画像を見つけました。
この画像をダウンロードして、Photoshopに読み込んで画像の一部を選択して、ドキュメントにコピーアンドペーストします(テキストにフィットするようサイズを変更することもできます)。

配置については次の画像を参考にします。

テキストにテクスチャを追加する

レイヤーに「テクスチャ」と名前をつけて、「Ctrl」+「M」キーを押してトーンカーブが表示されたら、次のように設定します。

トーンカーブ

「Ctrl」+「L」キーを押してレベル補正を表示させます。
ドロップダウンメニューでまずグリーンのチャンネルを選択して次のように設定します。

レベル補正 グリーンチャンネル

RGBチャンネルを選択して次のように設定します。

レベル補正 RGBチャンネル

レイヤーを右クリックして「レイヤー効果」−「レイヤースタイル」を選択したら描画モードを「ソフトライト」に変更します。
現時点では次のように効果がつきます。

テキストにテクスチャを追加する

「テクスチャ」レイヤーを複製したら、「フィルタ」−「その他」−「明るさの最大値」を選択します(次のように選択します)。

明るさの最大値

複製したレイヤーに次のように明るさの最大値を設定します。

明るさの最大値

現時点では次のように効果がつきます。

テキストにテクスチャを追加する

「テクスチャ」レイヤーをもう一度複製して、複製したレイヤーを他のレイヤーの上に配置したら、「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」を選択して次のように設定します。

ぼかし(ガウス)

テキストにほこりっぽさを加えてより現実的にします。
「テクスチャ」レイヤーをもう一度複製して他のレイヤーの上に配置したら、「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズを加える」を選択して次のようにノイズを設定します。

ノイズを加える

現時点では次のように効果がつきます。

テキストにテクスチャを追加する


Step4:完成

これでチュートリアルは終わりです!
あとは各自で創造性を存分に発揮してください!

ここでは私が作業したものを紹介します(背景のテクスチャを追加してテクスチャの彩度を少しだけ調整してみました)。

完成

このチュートリアルがお役に立つことを願っていますが、もしわからないことがあれば、ぜひご一報ください!

ではよい一日を!


引用:Web Design Library 著者:www.psdvault.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング