ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで文字に水滴のような効果をつける方法

Photoshopで文字に水滴のような効果をつける方法

投稿日:2009年09月18日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで文字に水滴のような効果を作ってみたいと思います。

Step1:はじめに

木の板の画像を用意します。

木の板の画像

文字ツール文字ツールで入力します。
ここでは「water」と「drops」をそれぞれ異なるフォントで入力します。

water drops



Step2:水滴を描く

新規レイヤーを作成します。

新規レイヤーを作成

ペンツールペンツールでシェイプを描きます。
文字に重ならないようにしながら画像全体にシェイプを描きます。

水滴を描く

シェイプを描いたら、シェイプの1つを右クリックして「選択範囲を作成」を選びます。

選択範囲を作成

塗りつぶしツール塗りつぶしツールでシェイプレイヤーに色を塗ります。

塗りつぶしツール





Step3:テキストを配置する

「Ctrl」+「T」キーを押して、テキストを選択します。
自由変形オプションに変わりますので、テキストを回転させます。

テキストを回転



Step4:水滴のような効果をつける

仕上げの効果を入れます。
「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「ブレンドオプション」−「ドロップシャドウ」を選択します。
次のように設定します。

ドロップシャドウ

「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「ブレンドオプション」−「ベベルとエンボス」を選択します。 次のように設定します。

ベベルとエンボス

「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「レイヤースタイルのコピー」を選択します。
他のレイヤーを選択してから「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「レイヤースタイルのペースト」を選びます。
同様にすべてのレイヤーに効果を加えます。

レイヤースタイルのペースト



Step5:完成

簡単な作業で文字が水滴のようになりました。
おめでとうございます。

完成


引用:Web Design Library 著者:www.stutorials.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング