スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで紅葉した暗い森の風景をデザインする方法

Photoshopで紅葉した暗い森の風景をデザインする方法

投稿日:2009年10月27日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで紅葉した暗い森の風景をデザインしたいと思います。

Step1:はじめに

まずは、この画像をダウンロードしてください。

Photoshopでこの画像を開き、背景レイヤーを複製します。
複製したレイヤーの描画モードを「ハードライト」に設定します。

ハードライト



Step2:色調補正

背景レイヤーをもう一度複製し、先ほどのステップで複製したレイヤーの上に置きます。
「Ctrl」+「U」を押して、色調補正ツールの色相・彩度設定画面を呼び出し、次のように設定します。

色調補正ツール

そのレイヤーの描画モードを「ソフトライト」に変更し、
他のレイヤーの描画モードはそのままにしておきます。

これがこれまでの効果です。

ソフトライト




Step3:色相・彩度を調整する

色相・彩度を調整する新規調整レイヤーを作成します。
(パスは次のとおりです)

新規調整レイヤー

下記のように色相・彩度を設定します。

色相・彩度

ここまでの効果は次のような感じです。

効果



Step4:彩度を下げる

このステップは任意です。
個人的に、この画像は少し彩度が高すぎて強すぎると思います。
そこで、画像を柔らかくして少し彩度を下げることにしました。

画像の彩度を下げるには、背景のコピー2レイヤーを複製し、
「Ctrl」+「Alt」+「Shift」+「B」を押して、色調補正ツールの
白黒ダイアログボックスを開き、次の設定を適用します。

彩度

このレイヤーを選択したまま、
「フィルター」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」を選び、次の設定を適用します。

ぼかし(ガウス)

ここまでの画像は次のとおりです。

効果02



Step5:蝶々を描く

さて、ここで画像に蝶々を追加します。
「蝶々」という名前の新規レイヤーを作成し、
ブラシプリセットのブラシツール「特殊効果ブラシ」を開きます。(詳細は下記をご参照ください。)

特殊効果ブラシ

次の画像のように蝶々を描きます。
(ブラシの強弱の違いにより、下記とは少し違った感じになるかもしれません)

ヒント: 消しゴムツールを消しゴムツール不透明度50%で流れるように移動させ、一部の蝶々を消して奥行きを作ります。
「Ctrl」+「T」を押して、自由変形ツールで蝶々の形を少し調整してみるのもよいでしょう。

蝶々を描き終えたら、そのレイヤーの描画モードを「焼き込みカラー」にします。

焼き込みカラー


Step6:光のカーテンを作る

さらに、画像に光の効果を加えることも可能です。
これを行うには「光線」という名前の新規レイヤーを作成し、
長方形選択ツール長方形ツールを使って下記のように選択します。
選択範囲を黒で塗りつぶしてください。

塗りつぶし

その図形を選択したまま「フィルター」−「描画」−「ファイバー」
を選び、次の設定を適用します。

ファイバー

「Ctrl」+「T」を押して、自由変形ツールで選択範囲を下記のように回転させます。

自由変形ツール

「フィルター」−「ぼかし」−「ぼかし(移動)」を選び、次のように設定します。

ぼかし(移動)

「ぼかし(移動)」を適用した後、そのレイヤーの描画モードを「オーバーレイ」にします。
そうすると、下記のような画像になります。

オーバーレイ



Step7:完成

さて、いよいよこのチュートリアルも最後です。
光の効果を追加したり、カラーバランスを調整したり、テクスチャをさらに追加してみるのも良いでしょう。
創造力を精一杯働かせるように心がけてください。

完成するとこのようになります。

完成



引用:Web Design Library 著者:www.psdvault.com 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング