スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで世界の終わりを作る方法

Photoshopで世界の終わりを作る方法

投稿日:2009年12月22日   レベル:中級者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで世界の終わりを作ってみたいと思います。

Step1:はじめに

まず、背景色#000000で新規ドキュメントを作成します。
地球の写真を開いて、作成したドキュメント上にドラッグします。

ペンツールペンツールを使って、次のような範囲を選択してください。

範囲選択

選択したものを右クリックして「選択範囲を作成」を選んで、「Delete」キーを押します。

選択部分削除

地球のレイヤーの下に新規レイヤーを作成します。

新規レイヤー



Step2:画像を配置する

次の写真を開いてください。

タバコ画像

ペンツールペンツールを使ってタバコの灰の部分を選択します。

タバコの灰

右クリックして選択範囲を作成し、移動ツール移動ツールで選択部分を次のように配置します。

配置

このレイヤーを3、4回複製し次のように配置してください(変形したり、サイズを変えたりして端まで埋めます)。

複製し配置





Step3:レイヤーを統合・複製する

タバコの灰のレイヤーを全て選択します。

レイヤーを全て選択

「Ctrl」+「E」でレイヤーを結合します。

レイヤーを結合

このレイヤーを複製して、出来たレイヤーを一番上に移動します。

レイヤーを複製

こんな風にサイズを変えてください。

サイズ変更

さらにこのレイヤーを3、4回複製して、次のように配置します。

複製し配置02



Step4:ブラシツールで塗る

新しいレイヤーを作成し、地球のレイヤーの上に置きます。

新しいレイヤー

ブラシツール(不透明度50%)で、次のようになるように塗ってください。

塗り

さらに新しいレイヤーを作成して一番上に移動し、同様に塗ってください。

塗り02



Step5:リアルな火を作る

次の写真を開いてください。

火の画像

移動ツール移動ツールを使って、このレイヤーをドキュメント上に移動します。

消しゴムツール消しゴムツールを使って次のように火の周りを消します。

火の周りを削除

「Ctrl」+「T」でサイズを変更し、次の位置に移動します。

サイズ変更02

レイヤーの描画モードを「オーバーレイ」に変更してください。

描画モード変更

この火のレイヤーを複製します。

レイヤーを複製

下の画像のように赤い部分が増えるように、レイヤーの複製を続けます。

レイヤーを複製02



Step6:ブラシをセットする

消しゴムツール消しゴムツールを選んで、次のブラシをセットします。

ブラシセット

次に、下記の部分がはっきり見えるように消していきます。

見えるように消す

この時点では次のようになっているはずです。

途中経過



Step7:隕石を作る

さて、ここで隕石を作ります。

タバコの灰のレイヤーをここに配置してください。

レイヤーを配置

タバコの灰02

そのタバコの灰の上に火のレイヤーを次のように置きます。

火のレイヤー

レイヤーの描画モードを「オーバーレイ」に変えます。

描画モード変更02

この火のレイヤーを複製してください。

火のレイヤーを複製

新しいレイヤーを作成してください。
ソフトブラシ(不透明度100%、白色)を使用して、隕石に次のように適用します。

隕石に適用

指先ツール指先ツールを選択します。

指先ツールを選択

白い点を下記の画像のようになるようにドラッグしてください。

白い点をドラッグ

色を調整してください。

色を調整



Step8:完成

別の場所に隕石を増やしたり、好きなようにオブジェクトを追加したりして、さらに作品の見栄えを良くしてください。

背景は、ギャラクシーブラシを使って簡単に仕上げることができます。

これが私の仕上がり作品です。

完成

【クリックして拡大】



引用:Web Design Library 著者:photoshop-garden.com 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング