ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでペンツールを使って切り抜きや選択範囲作成をする方法

Photoshopでペンツールを使って切り抜きや選択範囲作成をする方法

投稿日:2009年12月11日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopでペンツールを使って切り抜きや選択範囲作成をする方法を紹介します。

Step1:はじめに

このチュートリアルでは、ペンツールペンツールを使ってこの少年の顔を背景から切り抜きます。

少年の顔



Step2:輪郭に沿って線を描く

ペンツールペンツールもしくはフリーフォームペンツールフリーフォームペンツールのいずれを使っても構いません。
違いはペンツールペンツールの場合、アンカーポイントをいつ置くかを自分自身で決めるのに対し、
フリーフォームペンツールフリーフォームペンツールではどこにアンカーポイントを置くのが一番良いかをツール自体が推測してくれるという点です。
(例えば、マグネットのオプションを使用して設定を変更することも可能です。)

まず、フリーフォームペンツールフリーフォームペンツールを使ってみましょう。
見やすいように拡大をしても構いませんが、画像全体が見えている状態を保ってください。
(そうしないと、特にマグネットを使用している場合は線を描くのが難しくなります。)
顔の輪郭に沿って線を描くように心がけてください。マグネットを選択した方がやりやすいでしょう。

線を描く

画像の端の部分は、ペンツールペンツールできれいに選択できなくてもあまり気にしないで構いません。
後で簡単に選択部分を追加することができます。

ここでペンツールペンツールを使用する主な目的は、背景と必要な部分を分けることです。
フリーフォームペンツールフリーフォームペンツールを使って描いたパスを選択し、曲線部分を見直します。





Step3:曲線の編集

次に、パスを編集して必要な部分にきれいに沿うようにします。
フリーフォーム使って「Ctrl」を押しながらクリックしてアンカーポイントを動かしたり、
「Alt」キーを押してアンカーポイントの曲線の編集をしてください。

例えば、ここに口から少し離れてしまっているパスがありますが、
その部分で単にパスをクリックすることにより、新しいアンカーポイントを追加することができます。
(カーソルが+の印の付いたペンに変わることに注目してください)

パスを編集

ここでアンカーポイントの切り替えツールアンカーポイントの切り替えツールを選択して、その新しいアンカーポイントを唇に合わせます。

アンカーポイントの切り替え

次に、同じツール(アンカーポイントの切り替えツール)を使って方向線を操作し、
顔に沿うようにパスの方向を修正します。

アンカーポイントの切り替え2

次に、パス全体を良く見て、顔にぴったりとくっついていることを確認してください。
必要であればアンカーポイントを追加したり、修正したり、削除してください。
次のようになっているはずです。

結果



Step4:ぼかしを設定する

次に、パスパネル(「ウインドウ」−「パス」)を開き、
パネル上の先ほど描いたパスを右クリックし、選択範囲を作成を選んでぼかしの半径は0にします。

ぼかし



Step5:完成

ここで、長方形選択ツール背景で画像の端の部分の選択を追加して、コピーをして新しいレイヤーにペーストします。
後は背景を好きなように(例えば、ぼかしを入れる等)加工してください。
新しい背景を加えても良いでしょう。

画像端を選択

完成

境界線がとてもスムースであることに注目してください。
選択ツールだけではこのような結果は得られません。



引用:Web Design Library 著者:photoshopatoms.com 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング