スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで本物のようなシャボン玉を描く方法

Photoshopで本物のようなシャボン玉を描く方法

投稿日:2010年02月19日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで本物のようなシャボン玉を描く方法を紹介します。

Step1:はじめに

最初に、シャボン玉のエフェクトを作成する画像を決めましょう。
私はこの画像を使用します。

画像を開いて、キャンバスの上に新規レイヤーを作成してください。
そして、楕円形選択ツール楕円形選択ツールで円を作り、白で塗りつぶします。

白い円



Step2:選択範囲内を消去する

そして、「選択範囲」−「選択範囲を変更」−「縮小」を使って、
選択範囲を1ピクセル縮小し、「Delete」を押して、選択範囲内を消してください。

選択範囲縮小





Step3:境界線を加える

新しいレイヤーを作成し、「編集」−「境界線を描く」で下記のように設定してください。

境界線を描く

今、このような状態です。

結果



Step4:ぼかし(ガウス)を加える

「Ctrl」+「D」を押して選択範囲を解除し、
「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」を下記のように設定してください。

ぼかし(ガウス)

そして、「Ctrl」+「T」を押し、現在のレイヤーを幅、高さともに約93%に縮小してください。

縮小



Step5:白い光の反射を加える

新規レイヤーを作成してください。
そして、ブラシツールブラシツールで約125ピクセルの柔らかいブラシを選択し、シャボン玉の上に2つのぼかした白い光の反射を加えてください。

白い光の反射



Step6:選択範囲を作りカラーハーフトーンを加える

楕円形選択ツール楕円形選択ツールを使って、シャボン玉の大きさの選択範囲を作ってください。
そしてグレー(#969696)で塗りつぶしてください。

グレーで塗りつぶす

「フィルタ」−「ピクセレート」−「カラーハーフトーン」を下記のように設定してください。

カラーハーフトーン

今、このような状態です。

結果



Step7:球面を加える

「フィルタ」−「変形」−「球面」を適用してください。

球面

「球面」を反映しました。

球面反映



Step8:再度、ぼかし(ガウス)を加える

もう一度、「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」を下記のように設定してください。

ぼかし(ガウス)

このようになります。

結果



Step9:描画モードと不透明度/塗りを変更する

描画モードと不透明度/塗りをいろいろ試してみましょう。私は塗りを20%にした、オーバーレイを試しました。
次に、新規レイヤーを作成し、白から透明になるグラデーションでほんの少しだけ塗りつぶしてください。

オーバーレイとグラデーション



Step10:結合したレイヤーにぼかし(ガウス)を加える

「Ctrl」+「D」を押して選択範囲を解除し、すべてのシャボン玉のレイヤーをひとつに結合してください。
そして、結合したレイヤーを「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」で少しだけぼかしてください。

ぼかし(ガウス)

描画モードをもう一度オーバーレイにしてください。
「Ctrl」+「T」を使って、好みのサイズにシャボン玉を縮小してください。

シャボン玉を縮小



Step11:完成

キャンバスの上に異なったサイズのコピーを幾らか配置して完成です。

シャボン玉を配置



引用:Web Design Library 著者:photoshopstar 翻訳:日下部



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2014年6月の人気記事ランキング