ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでガラス玉を作る方法

Photoshopでガラス玉を作る方法

投稿日:2010年02月23日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、ガラス玉を作る方法を紹介します。

Step1:球体を作る

はじめに、新規ドキュメントを作成し、好みの色で背景を塗ります。
次に、新規レイヤーを作成し、楕円形選択ツール楕円形選択ツールで「Shift」キーを押しながらドラッグして正円を作ります。
それから、選択範囲に好みの色をつけます。

球体を作る



Step2:スタイルの設定

球体のレイヤーを右クリックしてブレンドオプションを開きます。
次の画像のようにドロップシャドウ、シャドウ(内側)、ベベルとエンボスを設定します

ドロップシャドウ

シャドウ(内側)

ベベルとエンボス





Step3:光沢の追加

これで球体にスタイルがつきましたので、これから光沢を加えます。
新規レイヤーを作成して、球体の上側に小さな白い楕円形を描きます。

光沢の追加



Step4:光沢のブレンド

レイヤーの不透明度を8%に設定すると球体に光沢がつきます。

光沢のブレンド



Step5:さらに光沢を追加

球体の見た目は良いのですが、もう少し光沢を入れます。
先ほど作ったものより大きい円を加えて、レイヤーの不透明度を13%にします。

さらに光沢を追加



Step6:もう一度光沢を追加

もう一つ大きい楕円を、縦長に描いて、先ほどと同様に不透明度を13%に設定します。

もう一度光沢を追加



Step7:球体を背景になじませる

これから、球体を背景になじませます。
新規レイヤーを背景の後ろ(最初の円のレイヤーの前)に追加して大きめの円を描きます。

球体を背景になじませる



Step8:背景の設定

先ほど作った円のレイヤーに次のようにブレンドオプションを設定します。

ベベルとエンボス



Step9:さらに背景を設定

レイヤーの不透明度を21%に設定すると、球体は次のようになります。

さらに背景を設定



引用:Web Design Library 著者:Imgry.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング