スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopを使ってズームしたピクセルを作成する方法

Photoshopを使ってズームしたピクセルを作成する方法

投稿日:2010年04月20日   レベル:中級者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、ズームしたピクセルを作成する方法を紹介します。

Step1:はじめに

160x120ピクセルで新規ファイルを作成し、ベタ塗りしてください。

ベタ塗り



Step2:ノイズフィルターを適用

ノイズフィルターを適用します。(「フィルター」メニューの「ノイズ」―「ノイズを加える」)
ノイズの量を様々な数値で試し、好みの量になるように調整してください。

ノイズを加える





Step3:画像サイズを変更

画像のサイズを変更します(「イメージ」メニューの「画像解像度」)。
まず、幅のドロップダウンメニューを使って、ピクセル表示を%表示に変更してください。
幅の数値が100(%)になったと思います。
これを1000(10倍ズーム。1000%)に変更してください。
ここで、画像のリサンプルのドロップダウンをニアレストネイバー法にセットしてください。
ハードな(アンチエイリアスのかかっていない)輪郭を得ることが出来ます。

画像サイズ変更

既に、小さな四角形(各10x10ピクセル)が集まった理想的な模様になっていますが、さらに進めていきます。

画像サイズ変更



Step4:空白をつける

四角形の間に1ピクセルの空白を作りたいと思います。
まず、別の画像が必要です。
10x10ピクセルで背景は透明な、新規画像を作成してください。

新規画像作成

鉛筆ツール鉛筆ツールを使って、左と下の端(もしくは右と上の端)に線を描いてください。
次に、全てを選択(Ctrl+A)してパターンを定義(「編集」−「パターンを定義」)を選んでください。
ここまで出来たら、この一時的に使用した画像は閉じて、メインの画像に戻ってください。

線を描く

新規レイヤーを作成し、先ほど作成した模様で塗りつぶします。
塗りつぶし設定画面(「編集」−「塗りつぶし」)を開いて、「パターン」を選び、カスタムパターンのリストから、先ほどの模様(リストの一番最後)を選んでください。

塗りつぶし

青い四角形がレイヤー1に、黒いグリッドがレイヤー2にあります。
これで終わりではありません。

レイヤー1と2

「Ctrl」キーを押しながら「レイヤー2」をクリックしてください。
黒いグリッドが選択範囲になるはずです。
レイヤー2を隠し(目のアイコンをクリックし)、レイヤー1を選択します。

黒いグリッド選択

ここで「Del」ボタンを押すと各四角形の間に1ピクセルの空白ができます。

空白を作る



Step5:レイヤー効果を適用

各四角形が透明のピクセルで分離されたので、レイヤー効果を適用できます。
私は「ベベルとエンボス」を使用しましたが、他の効果でも構いません。
下記の画像の数値に注意してください。
サイズが0、シャドウのモードは不透明度が約50%の覆い焼きカラーです。
レイヤー効果を適用する際は、効果の適用しすぎは禁物であることに留意し、慎重に数値を選んでください。

レイヤー効果

画像をさらに良いものにするために、グラデーションオーバーレイをわずかに適用してみましょう。
グラデーションは「黒から白」、スタイルは「円形」、描画モードは「オーバーレイ」です。

レイヤー効果



引用:Web Design Library 著者:Vlad Gerasimov 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング