ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで夏向きの面白いテキストをデザインする方法

Photoshopで夏向きの面白いテキストをデザインする方法

投稿日:2010年05月28日   レベル:初級者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、夏向きの面白いテキストをデザインする方法を紹介します。

Step1:はじめに

まずはじめに、使用するテクスチャを探します。
ここから、芝生のテクスチャをダウンロードしてください。
他のテクスチャでも構いません。

画像を開く

コントラストと明るさを加えます。
今回は蝶の画像を合わせます。
ここから蝶の画像をダウンロードしてください。
画像を開き、作業中のキャンバスにコピーします。
「Ctrl」+「T」で、蝶の画像を小さくします。

蝶の画像を先のキャンバスにコピーする

シャープツールシャープツールを使って、作業中のレイヤーを少しだけシャープにします。

シャープにする



Step2:蝶の影をつくる

ドロップシャドウと光彩(外側)を、次のように設定します。

ドロップシャドウを設定する

光彩(外側)を設定する

蝶の影をつくる





Step3:テキストを入力し、効果をつける

テキストに効果を入れます。
横書き文字ツールでテキストを入力します。
「Grass」と入力して、好みに合った色をつけます。

テキストを入力する

今回は「Arial Black」を使いました。
テキストレイヤーの塗りの不透明度を0%に設定します。
ドロップシャドウ、光彩(内側)、ベベルとエンボス、サテン、カラーオーバーレイ、境界線をそれぞれ次のように設定します。

ドロップシャドウの設定

光彩(内側)の設定

ベベルとエンボスの設定

サテンの設定

カラーオーバーレイの設定

境界線の設定

すると次のようになります。

テキストに効果をつける



Step4:完成

完成です。

完成



引用:Web Design Library 著者:PhotoshopStar 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング