スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで箱庭を撮影したように加工する方法

Photoshopで箱庭を撮影したように加工する方法

投稿日:2010年08月24日   レベル:初級者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、箱庭を撮影したように加工する方法を紹介します。

Step1:はじめに

今回は下の図のように、箱庭を撮影したような画像を作ります。

箱庭を撮影したような画像

元画像として、次の画像を使用します。

海岸の町の画像

上のような土地の写真は、このテクニックを使うのに最も適しています。
街並み、人ごみ、通り等も申し分ありません。



Step2:ぼかしを加える部分を選択する

Photoshopで写真を開き、「クイックマスクモード」を選択するか、Qを押してください。

クイックマスクモードで編集する

グラデーションツールグラデーションツールを選択します。

グラデーションツールを選択する

反射形グラデーションを選択します。

反射形グラデーションを選択する

フォーカスを当てたい所からウィンドウの上側へ線をひき、マウスのボタンを離します。
赤の透明な線が現われます。

赤の透明な線

Qを押して、標準スクリーンモードに戻ります。





Step3:ぼかし(レンズ)を加える

PhotoshopのバージョンがCSである場合、「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(レンズ)」を選択します。
もし7.0の場合、「ぼかし(ガウス)」を選択します。
ぼかしたい量を設定します。どれだけぼかしても構いません。

ぼかし(レンズ)を加える



Step4:さいごに

もしも、よりプラスチックのようにしたいなら、写真の彩度やコントラストを上げます。

完成

箱庭を撮影したような写真の出来上がりです。
他のいろんな写真でも試してみましょう。
きっとミニチュアよりもいいものがあるでしょう。

家の写真を用いたもの

街の写真を用いたもの



引用:Web Design Library 著者:PSDrockstar.com 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング