ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでメタリック調のテキストを作る方法

Photoshopでメタリック調のテキストを作る方法

投稿日:2010年09月24日   レベル:初級者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、メタリック調のテキストを作る方法を紹介します。

Step1:はじめに

これから作る画像

これから作る画像

クリックしてフルサイズ表示

メタルテクスチャ素材はこちらからダウンロードしてください。

800ピクセル×600ピクセルの新規ドキュメントを作成します。
「メタルテクスチャ」をダウンロードしてPhotoshopで開いたら、「編集」−「パターンを定義」を選択します。

パターンを定義



Step2:背景をつくる

テクスチャを閉じて、作業中のドキュメントを表示させます。
塗りつぶしツール塗りつぶしツールを使って背景を先ほど定義したメタルテクスチャで塗ります。

メタルテクスチャで塗る





Step3:シルバーのくぼんだテキストをつくる

文字ツール文字ツールでテキストを入力します。
大きいフォントサイズでテキストを目立たせます。
ここでは次のように設定しました。

テキストを入力する

テキストを入力したら次のようにレイヤースタイルを設定します。

ドロップシャドウ

ベベルとエンボス

輪郭

サテン

グラデーションオーバーレイ

すると次のようになります。

シルバーのくぼんだテキスト



Step4:スクリーンのモードを利用して、メタリックにする

テキストレイヤーに「選択範囲」−「選択範囲を読み込む」を選択するか、Ctrlを押しながらレイヤーパレットのサムネイルをクリックします。

新規レイヤーをテキストレイヤーの上に作成して選択範囲をメタルパターンで塗ります。

メタルパターンで塗ったテキスト

選択範囲を塗ったらブレンドモードをスクリーンにします。
グラデーションオーバーレイを追加して次のように設定します。

グラデーションオーバーレイ

すると次のようになります。

メタリックなテキスト



Step5:くぼみの箇所に金属を曲げたような質感を出す

テキストレイヤーにもう一度「選択範囲」−「選択範囲を読み込む」を選択するか、Ctrlを押しながらレイヤーパレットのサムネイルをクリックします。

メタリック調のテキストレイヤーの上に新規レイヤーを作成します。
「選択範囲」−「選択範囲を変更」−「縮小」を選択します。

選択範囲を縮小

作業中のレイヤーの上下のレイヤーの色調を白黒に設定し直します。
選択範囲に「フィルタ」−「描画」−「雲模様」を選択します。

雲模様を適用する

「フィルタ」−「描画」−「雲模様」を選択します。

雲模様を適用する

レイヤーのブレンドモードを「ソフトライト」にすると次のようになります。

メタリックなテキスト



Step6:リベットを打ち込む

テキストレイヤーにもう一度「選択範囲」−「選択範囲を読み込む」を選択するか、Ctrlを押しながらレイヤーパレットのサムネイルをクリックします。

すべてのレイヤーの一番上に新規レイヤーを作成します。
選択範囲の縮小量を6ピクセルにします。(「選択範囲」−「選択範囲を変更」−「縮小」)
選択範囲を解除せず、ブラシツールブラシツールを使って、ブラシパレットを開きます。

ブラシパレットを開く

ブラシのサイズを4にします。

ブラシサイズを4にする

間隔を1000%にします。

間隔を1000%にする

「ウィンドウ」−「パス」を選択してパスウィンドウを開きます。
ウィンドウの下側にある「選択範囲から作業用パスを作成」をクリックします。

選択範囲から作業用パスを作成

レイヤーパレットで新規レイヤーが指定されていることを確認します。
ペンツールペンツールを使ってキャンバス上で右クリックします。
「パスの境界線を描く」を選択してから「パスを削除」を選択します。

ブラシでパスの境界線を描く

リベットのレイヤーを選択したら次のように設定します。

ドロップシャドウ

ベベルとエンボス

カラーオーバーレイ



Step7:完成

すると次のようになります。

完成

背景のレイヤーについても同様の作業を行い、背景にもリベットを打ち込みます。

これで完成です。



引用:Web Design Library 著者:Hv-Designs.co.uk 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング