ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでおとぎ話の一場面を作る方法

Photoshopでおとぎ話の一場面を作る方法

投稿日:2010年10月22日   レベル:初級者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、おとぎ話の一場面を作る方法を紹介します。

Step1:はじめに

まずはじめに、画像を用意しましょう。
ここでは3枚の画像を使います。
今回は白いドレスを着た女性、雪山、雲の写真を使用します。

ブラシを2種類、インストールします:
Falln_BrushesFeathersSet1
FallnBrushesAngelWings

これらの素材の権利は、各素材の作者に属します。

雪山の写真



Step2:環境を設定する

750ピクセル×550ピクセルの新規ドキュメントを作成します。

雪山の画像を開いたら、ソフトブラシツール(サイズは20ポイント程度)で岩山に沿って空の部分を取り除きます。

環境を設定する





Step3:雲を追加する

山のレイヤーの下に雲の画像を挿入します。

「編集」−「自由変形」を使い、雲の大きさを程よく調整します。

雲を追加する



Step4:レベルを調整する

新規にレベル調整レイヤーを作成します。

色調補正の値を、7、1.38、255と入力します。
すると詳細が明るくなります。



Step5:被写体を配置する

ペンツールペンツールで女性を切り取ります。
次のように配置します。

被写体を配置する

「#000000」の色のソフトブラシを使って、ドレスの下側に影を作ります。



Step6:翼を加える

「ブラシファイルの読み込み」から「FallnBrushesAngelWings」と「FallnBrushesAngelWings12」を選択して400ポイントに設定します。

新規レイヤーを作成し、「翼」と名前をつけます。
前景色を「#FFFFFF」に設定し、天使の翼を作ります。

「編集」−「自由変形」を選択して左側の翼を少しだけ上に変形させます。

翼を加える



Step7:詳細な加工を加える

翼が透けて見えるので、ここでは翼のレイヤーを複製してハードライトに設定します。

「#000000」の色のソフトブラシを不透明度50%に設定して、女性の腕の影をつけます。

詳細な加工を加える



Step8:光を当てる

新規レイヤーを作成し、「光」と名前をつけます。
色が「#FFFFFF」のソフトブラシ(100ポイント)を選択します。
不透明度を40%に設定し、レイヤーの上下方向に線を描きます。

「編集」−「自由変形」を選択し、光を上部左側から差し込むように変形させます。

光を当てる



Step9:羽根を追加する

「ブラシファイルの読み込み」から「Falln_BrushesFeathersSet1」と「Falln-BrushesFeather4」を選択します。

何度かサイズを変えながら、ドキュメントの周りに羽根を描きます。
羽根のレイヤーを右クリックしてブレンドオプションを選択します。
「光彩(外側)」にチェックを入れ、ブレンドモードを「覆い焼き−リニア(加算)」、不透明度:100%、色:#FFFFFF、サイズ:10ピクセルを設定します。

羽根を追加する



Step10:輝くダストを加える

色が「#FFFFFF」のソフトブラシ(3ポイント)を選択します。
ブラシのプリセットで「散布」にチェックを入れます。
散布の設定を「1000%」にします。

新規レイヤーを作成し、「輝くダスト」と名前をつけます。
女性の周りに何回かドットを散布します。
レイヤーを右クリックし、ブレンドオプションを選択します。
「光彩(外側)」にチェックを入れ、ブレンドモードを「覆い焼き−リニア(加算)」、不透明度:100%、色:#FFFFFF、サイズ:10ピクセルを設定します。

輝くダストを加える



Step11:完成

「色相・彩度」の調整レイヤーを新規に作成し、一番上に配置します。
色相:-17、彩度:-38、明度:0に設定します。

「色相・彩度」の上に、新規調整レイヤーで「トーンカーブ」を選択します。
ブルーのチャネルを選択してカーブの中央部分を上に引き上げます。
すると、ファンタジーなシーンでよく見られる青いトーンの効果が加わります。
これで完成です。

おとぎ話の一場面


引用:Web Design Library 著者:10Steps.SG 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング