ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > ウェブデザインを行う上で覚えておくべき4つのポイント

ウェブデザインを行う上で覚えておくべき4つのポイント

投稿日:2010年11月30日   レベル:−    ソフトウェア:−

このチュートリアルでは、ウェブデザインを行う上で覚えておくべき4つの重要なことをご紹介します。

ウェブデザインを行う上で重要な4つのポイントが存在します。
これら4つのポイントを意識することで、サイトへの訪問者を増やすことができるでしょう。

重要な4つのこと

Step1:はじめに

ウェブサイトが成功するかどうかは、たくさんの重要な要因によって決まります。
ウェブデザインについて、すべきこととすべきでないことを心にとどめておけば、
そのサイトへの訪問者は増え、便利で使いやすいと思われるサイトになります。
オンラインショップの売り上げは、主にウェブサイトの質に左右されます。
オンラインショップが使いやすく内容が理解されやすければ、訪れた人に良い印象を与え、売り上げも伸び、評判も良くなります。
これは、ショップに限らず、コーポレートサイトでも同じです。
ここでは、ウェブデザインを行う上で、覚えておいたほうが良い重要なことをあげたいと思います。



Step2:トップページ

トップページとは、ウェブサイトへの訪問者が最初に目にするページです。
他のサイトに誘導する不必要なポップアップは置いてはいけません。
訪れた人が、迷うことなく、簡単に目的のページへ辿りつけるようにしなければいけません。
訪問者を迷わせないサイトにすることにより、訪問者は快適にサイトを使うことができます。
訪問者がサイトを使っている時に、時間や労力の無駄だと思わせてはいけません。
より少ない手間でより良い情報を得ようと、他のサイトへ逃げて行ってしまうからです。



Step3:色の使い方

サイトの背景色として何色を使用するかは、注意を要するポイントの1つです。
サイトで使用する色やフォントは、目に優しくなければいけません。
訪問者の目を疲れさせてはいけません。
サイトの内容や言い回しは、読みやすく理解しやすくするよう工夫します。
わかりにくい表現や複雑な表現では、訪問者はサイトから離れていくでしょう。





Step4:データサイズ

サイトの訪問者は、欲しい情報をダウンロードするために時間がかかりすぎるサイトには長居しないでしょう。
ダウンロードを要するファイルのデータサイズを小さくし、ダウンロードにかかる時間を短くしなければいけません。
また、長い段落の中にたくさんの情報をちりばめることは好ましくありません。
一般的に、長い文章は好まれません。しかし、要約のみを載せれば良いという意味でもありません。
あらゆる情報を細かい段落にわけて含んでいれば、文章はわかりやすくなります。
わかりやすいサイトならば、訪問者が長居し、更には再度訪れてくれるかもしれません。



Step5:サイトの目的

ウェブデザイナーは、ウェブデザインを行う上で、そのサイトが何を目指しているのか、
何を目的にしているのかをはっきりと把握しておかなくてはいけません。
サイトの目的を明確に把握することは、サイトの訪問者に興味を抱かせるサイト作りの手助けとなります。
また、ウェブサイトはオープン後も更新し続けなければいけません。
ウェブデザイナーにとって、最新のWeb事情に精通していることは重要です。
最新の事情に精通していることは、ウェブサイトのメンテナンスに役立ちます。
情報が古い不適切なサイトだとは思われない、訪問者にとって魅力的なサイトに保つことができます。

ウェブデザインはチームワークであり、皆の努力を必要とします。
ウェブデザインでは、人選がとても重要です。
他のメンバーの努力、仕事、費やした時間に気を払うことが、全メンバーへ要求されます。
こうした取り組みが、スピーディで建設的な結果をもたらすのです。
ウェブデザインを行うときに上で述べたことを心にとどめておけば、
サイトの質が向上し、訪問者数もサイトの影響による売り上げも増加していくことでしょう。



引用:Web Design Library 著者:Jared L. Sampson 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング