ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > 「About Us」ページに記載すべき7つの項目

「About Us」ページに記載すべき7つの項目

投稿日:2011年1月7日   レベル:−    ソフトウェア:−

このチュートリアルでは、「About Us」ページに記載すべき7つの項目をご紹介します。

7つの項目

Step1:はじめに

About Usページは最も重要な事項であり、多くのウェブサイトで上位階層に配置されています。
しかし、その本当の重要性を理解せずに会社の歴史や組織といった面白みに欠ける文章を連ねているものが多く見受けられます。
インターネットが顧客との接点として不可欠なものとなりつつある中で、ウェブサイトのAbout Usページは簡単で効率的にサイトの訪問者と親密に交流が出来る場です。
About Usページは潜在顧客に強い印象を残し、売り込むチャンスなのです。
従って、最大限に利用すべきです。

「About Us」ページに記載すべき7つの項目は次のとおりです。



Step2:ブランド名を記載する

ブランド名を記載するのは当たり前のことですが、記載されていないAbout Usページが意外にも多く存在します。
会社名や事業名をただ記載するだけでは不十分です。
まずサイトの訪問者に知らせないといけないのは、どうしてその社名が付いているのかということです。
ブランド名の記載により、訪問者との距離を縮めることができ、会社についての興味深い話を披露することもできます。



Step3:画像を配置する

画像はビジュアル的にページをアピールするのに役立つだけでなく、訪問者の信頼を得ることにも繋がります。
顧客というのは自分がどんな相手と取引をしているのかを見たがるものです。
従って、会社の写真やキーとなる人物の写真をウェブサイトに必ず掲載するべきです。
画像の効果により、訪問者はウェブサイトの裏側にある力を感じ、さらなる信頼を得ることにもなるでしょう。





Step4:一人称を使う

人と人とのつながりを確立するのに最も有効な方法は相手に直接語りかけることです。
従って、会社や自分自身について他人行儀に三人称で語るのではなく、一人称で直接自己紹介をしてください。
サイトの内容に好感を持ってもらえるだけでなく、訪問者により強いインパクトを与えることができます。



Step5:ユーザーのニーズや要求について記載する

「About Us」ページはウェブサイト上で唯一、自社の宣伝やちょっとした自慢が出来る場所です。
しかしながら、訪問者や潜在顧客があなたに連絡をすることで自身の利益になると感じさせなければなりません。
そこで、自己について語りながらも、あなたのビジネスがターゲットとなる訪問者の要望に応えるものであるというプレゼンテーションをしてください。



Step6:内容を常に更新する

「About Us」ページの内容は会社やビジネスの歴史に沿ったものが多いですが、内容をつまらないものにはしないでください。
「About Us」ページの内容は、時々更新するようにしてください。
「最新情報」や「ニュースリリース」のページはあなたのビジネスに関する最新のイベントや出来事を紹介するのに最適なページですが、会社が得た賞や受けた表彰などは「About Us」ページにも記載するべきです。



Step7:はっきりとした、説得力のある言葉を使う

「About Us」ページは会社やビジネスについての詳細な情報を記載するのに最適な場所ですが、 訪問者をうんざりさせないように、長々と続けないようにしてください。読むのに飽きない程度にとどめておくべきです。
はっきりとした説得力のある言葉を使って訪問者の関心を引きよせ、もっと良く知りたいと思わせるようにしてください。



Step8:リンクボタンを設置する

訪問者が「About Us」ページを読むことによって、少しはあなたのビジネスについて理解したとします。
次は何が必要でしょうか?
「About Us」ページを読んだ後、訪問者をどこへ導きたいですか?
商品ページですか?それともお問い合わせページでしょうか?
「About Us」ページをはじめとする全てのページに、次のページへのリンクボタンを貼っておくのを忘れないでください。



引用:Web Design Library 著者:Kabir Bedi 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング