スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > ユーザーフレンドリーなウェブサイトで、サイトからの売上を伸ばしましょう

ユーザーフレンドリーなウェブサイトで、サイトからの売上を伸ばしましょう

投稿日:2011年1月28日   レベル:初心者    ソフトウェア:−

このチュートリアルでは、ユーザーフレンドリーなサイトを作るための5つのポイントをご紹介します。

ユーザーフレンドリーなウェブサイト

Step1:はじめに

・ウェブサイトの表示スピードをアップする
・見込客が探している情報を簡単に見つけられるようにする
・読みやすいサイトにする
・スクロールの少ないページにする
・あなたと連絡をとりやすくする

上記5点は、ユーザーフレンドリーなサイトに重要なポイントです。
これらを守れば、ユーザーフレンドリーなサイトが出来上がり、サイトからの売上が伸びるでしょう。



Step2:ウェブサイトの表示スピードをアップする

ウェブサイトの表示スピードは、顧客との結びつきを作る上で非常に重要です。
読み込みが遅いサイトでは、売上を逃してしまいます。
あなたのサイトに来た人は、読み込むのに10秒も待ってくれないでしょう。
読み込む時間を短くして、訪問者を逃さないようにしましょう。



Step3:見込客が探している情報を簡単に見つけられるようにする

ナビゲーションが分かりやすいことは、見込客をサイトに留まらせるために必要不可欠な要素です。
全てのページに、トップページや、オーダーフォーム、コンタクトページ、商品ページのようなメインセクションへのリンクを載せるようにします。

また、訪問者はこちらが意図しない順序でサイトに来るかもしれません。
サイト全体の内容が一目でわかるように、それぞれの内容へすぐにアクセスできるように、
全てのページへのリンクを一覧にしたサイトマップページも作成しましょう。
全ページのリンクが切れていないことを、十分に確認しましょう。





Step4:読みやすいサイトにする

レイアウトもサイト文言も意識した、プロがデザインした読みやすいウェブサイトは、売上を最大限にします。
読みやすいレイアウトにするためには、色や空白を利用します。
明るい背景に暗い文字にすると読みやすくなります。
色が少ないと、画面は優しい感じになります。
色が暗くてごちゃごちゃした背景に、文字を書くのはやめましょう。
キャッチコピーは短くし、各セクションを読みやすくして、オススメのポイントは小見出しにして目立たせましょう。
長いページは、複数のページに分割しましょう。



Step5:スクロールの少ないページにする

スクロールダウンをせずに訪問者が重要な情報を見つけられる、短いサイトにすべきです。
特にサイトのトップページは、スクロールしない部分(ファーストビュー)の見せ方を意識してください。
研究結果によると、ネットサーフィンをする人の半数以上が、画面スクロールをしていません。
オススメのポイントやサイトの説明、独自の売りはページの上部に書くべきです。



Step6:あなたと連絡をとりやすくする

電話番号、メールアドレス、サイトのアドレスなどのコンタクト情報を全ページに載せましょう。
誰が運営しているのかを知って安心し、連絡を取りたい際にストレスを感じさせないことで、訪問者はあなたのサイトに戻ってきやすくなります。
(スパムメール対策として、メールアドレスを掲載しないコンタクトフォームの利用をおすすめします。
コンタクトフォームへの入口は全ページに掲載しましょう。)



Step7:結論

ユーザーフレンドリーなサイトでは、サイトからの売上が伸びるでしょう。
訪問者を引き留め、商品などの情報を見てもらい、購入してもらえるサイトにしましょう。



引用:Web Design Library 著者:Leva Duell 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング