スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで3D画像を作る方法

Photoshopで3D画像を作る方法

投稿日:2011年2月4日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで3D画像を作る方法をご紹介します。

Step1:フレームを作成する

まずはPhotoshopで画像を開き、新しいレイヤーを作ります。
長方形選択ツール長方形選択ツールを選び、3Dにしたい箇所を囲んで白で塗りつぶしてください。
次に、選択>選択範囲の変更>選択範囲の縮小で15~20ピクセル縮小し、deleteキーを押します。
それから、編集>変形>遠近法で下の画像のようなフレームにしてください。

フレームの作成



Step2:加工箇所を設定する

自動選択ツール自動選択ツールを選び、フレームの内側を選択してください。

加工箇所の設定



Step3:背景を隠す

背景のレイヤーを選択し、そのまま「ctrl」+「c」を押し、そのあと「ctrl」+「v」を押して下さい。
背景のレイヤーを隠し、フレームのレイヤーが最前面に来るようにしてください。
下の画像のようになるはずです。

背景を隠す





Step4:飛び出ているように見せる部分を選択する
背景のレイヤーを表示させ、飛び出ているように見せたい部分を切り取ってください。
このチュートリアルでは、迫力を出すために影も切り取りました。

飛び出しているように見せる部分の選択



Step5:背景を削除する

もう一度切り取った部分を選択>反転と選び、deleteキーを押して下さい。
そのあとこのレイヤーをフレームの最前面に移動させてください。
下の画像のようになるはずです。

背景の削除



Step6:完成

新しい背景を作れば、完成です。

完成



引用:Web Design Library 著者:Hv-Designs.co.uk 翻訳:ムネネッタ



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング