スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでぼかした雨粒の効果を作る方法

Photoshopでぼかした雨粒の効果を作る方法

投稿日:2011年5月17日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopでぼかした雨粒の効果を作る方法をご紹介します。

Step1:ブラシの作成

新規ドキュメントを作成してください。

楕円形ツール楕円形ツールを選び、黒で円を描いてください。

黒い円を作成

「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「レイヤー効果」を選んでください。

レイヤー効果を選択

「塗りの不透明度」を50%にします。「不透明度」ではないことに注意してください。

塗りの不透明度の設定

境界線を選びます。サイズは8ピクセルで位置は内側、カラーは黒を選んでください。

境界線を選択

楕円を選択して「編集」−「ブラシを定義」を選択します。

ブラシの定義

ブラシに名前をつけてください。



Step2:背景の作成

白から濃いブルーの新規グラデーションを作成します。

新規グラデーションの作成

背景を塗ります。

背景を着色

新規レイヤーを作成してください。紫か濃いピンクで色を作ります。
柔らかい丸いブラシを選んでください。
私は高解像度のドキュメントが好きなのでここでは200ピクセルを使っていますが、ご自身のドキュメントの解像度に合わせて決めてください。
下記のように一部分を塗ります。

ピンクで一部分を着色

新規レイヤーを作成し、黄色〜オレンジ色を選んでピンクの中を塗ってください。
描画モードはソフトライトを100%にします。

オレンジでピンクの中を着色

背景レイヤーを選んで「フィルター」−「ノイズ」−「ノイズを加える」を選択してください。
ガウス分布を選び、グレースケールノイズで2.45%に設定します。

グレースケールノイズの設定



Step3:ブラシの設定

「ウインドウ」−「ブラシ」を選びます。
ブラシの設定画面で先ほど作ったブラシを選びます。間隔がとても重要です。
数値を100%に変更してください。

ブラシの設定

シェイプ、散布、その他の設定を下記の数値に変えてください。

シェイプ、散布、その他の設定



Step4:ブラシの使用

新規レイヤーを作成します。
白を選んで新しいブラシで描いてください。

ブラシで描画

ぼかし(ガウス)を適用します。
「フィルター」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」で半径3.4ピクセルに設定してください。
不透明度を48%にします。

ぼかし(ガウス)の設定

新規レイヤーを作成します。
最初に描いた円の近くにさらに円を描いていきます。
ぼかし(ガウス)を適用します。今回は1.9ピクセルです。
不透明度を70%に設定してください。

不透明度の設定

新規レイヤーを作成して、さらに円を描きます。

さらに円を追加

このレイヤーを複製して、ぼかし(移動)を適用してください。
「フィルター」−「ぼかし」−「ぼかし(移動)」で距離は24ピクセルに設定します。

ぼかし(移動)の設定



Step5:完成

不透明度を100%にして完成です。

完成



引用:Web Design Library 著者:Designer Freelance 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング