スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで花が鮮やかに燃え続ける効果を作る方法

Photoshopで花が鮮やかに燃え続ける効果を作る方法

投稿日:2011年5月13日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで花が鮮やかに燃え続ける効果を作る方法をご紹介します。

Step1:背景の作成

600ピクセル×451ピクセルのサイズで、新規ドキュメントを作成します。
レイヤーパネルで新規レイヤーを作成し、「レイヤー 1」と名前をつけて任意の色を塗ります。
「レイヤー 1」の上で右クリックしてブレンドオプションを選択します。
次のようにグラデーションを設定します。

レイヤーの設定

グラデーションの設定

グラデーションの設定

グラデーションを設定すると次のようになります。

完成した背景



Step2:燃やす花の作成

「Flowers.png」をダウンロードします。
レイヤーの名前を「flower」に変えて「レイヤー 1」の上に配置します。

花の配置

ブレンドオプションを次のように設定して花のイメージに白い色を適用します。

ブレンドオプションの設定

すると次のようになります。

白くなった花



Step3:花の着色

花のイメージに「光彩(外側)」と「光彩(内側)」を次のように設定します。

光彩(外側)の設定

光彩(内側)の設定

すると次のようになります。

光彩設定後の花

「flower」レイヤーを右クリックして「レイヤーの複製」を選択してコピーを作ります。
「ぼかし(ガウス)」を設定します(「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」)。半径を2ピクセルにします。
さらに、「flowerのコピー」レイヤーを「flower」レイヤーの下に配置して不透明度を50%に設定します。

ぼかし(ガウス)の設定

レイヤーの設定

炎の効果を花のイメージに適用します。
指先ツール指先ツールを使って葉の端を広げます。

指先ツールを選択

葉の端を広げた花



Step4:火のイメージを作成

背景の炎の効果に、花のイメージに合った火のイメージを使います。
ここでは「fire.png」を使ってみます。レイヤーの名前を「flame」に変えます。
指先ツール指先ツールを使って炎の端を広げ、次のようになるまで作業を繰り返します。

指先ツール使用前

指先ツール使用後

続けて、「flame」レイヤーを「flowerのコピー」の下に配置します。
レイヤースタイルを「比較(明)」にして不透明度を20%に設定します。

レイヤーの設定

すると次のようになります。

火の背景



Step5:炎エフェクトの作成

これから燃え続ける花の効果をつけることにします。
火のイメージから炎を切り出して「flowerのコピー」レイヤーの下に配置します。
炎を切り出したら花の領域の適切な場所に移動して、指先ツール指先ツールで炎と花をブレンドします。
次の画像を見るとその様子がわかりやすくなります。

炎エフェクトの作成

炎エフェクトの作成

炎エフェクトの作成

炎エフェクトの作成



Step6:完成

花のイメージで炎を作りたいところへステップ5の操作を繰り返せば、完成です。

完成



引用:Web Design Library 著者:Tutorialwiz.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング