ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで3D配置のタイポグラフィを作る方法

Photoshopで3D配置のタイポグラフィを作る方法

投稿日:2011年6月28日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop Illustrator

このチュートリアルでは、Photoshopで3D配置のタイポグラフィを作る方法を紹介します。

Step1.はじめに

このチュートリアルでは、このような3D配置のタイポグラフィを作ります。

完成図



Step2.正方形を描く

Illustratorで新規ドキュメントを作り、長方形ツール長方形ツールを使って、正方形を描きます。

正方形を描く



Step3.3D効果で立体感をつける

作成した正方形を選択し、「効果」−「3D」−「押し出し・べベル」を選択します。

「押し出し・べベル」を選択する

次のように設定します。

「押し出し・べベル」の設定をする

すると、このようになります。

「押し出し・べベル」を適用する



Step4.アピアランスを分割する

「オブジェクト」−「アピアランスを分割」を選択します。

「アピアランスの分割」を選択する

オブジェクトを右クリックし、グループの解除を3回行います。
すると、3つのパーツに分解されます。

「グループの解除」を3回行う

それぞれのパーツを、1、2ピクセル程度ずつ離します。

分解したパーツを少し離す



Step5.IllustratorからPhotoshopへ移行する

Photoshopで新しいドキュメントを開き、3つのパーツを全てドラッグアンドドロップします。

IllustratorのファイルをPhotoshopへ移行させる



Step6.テキストを入力し、変形する

次のようにテキストを入力します。
テキストの前半は太文字にし、残りは標準のままにします。

テキストを入力する

レイヤーウィンドウのテキストレイヤー上で右クリックし、テキストをラスタライズします。
Ctrl + Tで自由変形に切り替え、右クリックをして「自由な形に」を選択します。

「変形」−「自由な形に」を選ぶ

ラスタライズしたテキストを次の画像のように変形させます。

ラスタライズしたテキストを変形させる

他の2か所も同様に、テキストを入力して次のように変形させます。

他の2か所の面も同様の手順を踏む



Step7.立方体のレイヤーを隠し、背景を作る

Illustratorからインポートした立方体が含まれるレイヤーを隠すと、次のようになります。

立方体を消しテキストだけを表示する

全てのレイヤーの下に新しいレイヤーを追加し、白で塗りつぶします。
「レイヤー」−「表示レイヤの結合」を選択し、レイヤーを統合します。

背景を白で塗りつぶす



Step8.完成

Ctrl + Iキーを押して色調を反転すれば、完成です。

完成



引用:Web Design Library 著者:animhut 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング