スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでリアルな涙を描く方法

Photoshopでリアルな涙を描く方法

投稿日:2011年6月3日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopでリアルな涙を描く方法を紹介します。

Step1:涙の形をつくる

まずはじめに、涙を流させる写真を用意します。
用意した画像をphotoshopで開き、ペンツールペンツールを選択します。
黒色で涙の形を描いてみてください。
本当の涙に見えるよう、まっすぐになりすぎないように注意してください。

涙の形を描く



Step2:レイヤースタイルを変更する

レイヤーの描画モードをスクリーンにし、レイヤースタイルを次のように変更します。

ドロップシャドウ

ドロップシャドウ

シャドウ(内側)

シャドウ(内側)

光彩(内側)

光彩(内側)

べベルとエンボス

べベルとエンボス

グラデーションオーバーレイ

グラデーションオーバーレイ

結果

結果



Step3:涙にハイライトをつける

完成したように見えますが、まだリアルさが足りません。
白い光を付け加えることで、よりリアルさを出しましょう。

ペンツールペンツールを選択し、ブラシを1ピクセルにします。
そして次の画像のように、新しいレイヤー上で白い点をいくつか加えます。

白い点を追加



Step4:完成

白い点を加えたレイヤーにぼかしツールぼかしツールを適用したら、完成です。

ぼかしツールを適用



引用:Web Design Library 著者:ClippingDesign 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング