スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopの画像切り抜きテクニック

Photoshopの画像切り抜きテクニック

投稿日:2011年6月21日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルでは、Photoshopで画像から対象物を切り出す方法を紹介します。

Step1.はじめに

加工前後の比較

グラフィックデザインやウェブデザインの現場では、写真から複雑な形状の物体を切り抜くことが求められる場合もあります。
このチュートリアルでは、簡単な手順で、満足のいく切り抜きができるテクニックについて紹介します。



Step2.写真のボケを修正する

まずは、背景から切り抜く木の写真を探しましょう。今回は次の写真を使います。

写真を用意する

写真が少しぼやけています。
修正するには「フィルタ」−「シャープ」−「シャープ」を選択します。

シャープフィルタをかける



Step3.背景から木を切り離す

背景から木を切り離します。
「フィルタ」−「抽出」を選択します。
ウィンドウが開きますのでフィルタを次のように設定します。

抽出を設定する

境界線マーカーツールで次の画像のように選択範囲を作ります。
線を間違えても、消しゴムツール消しゴムツールで削除できます。
その後、抽出したい領域を塗りつぶしツール塗りつぶしツールを使って内側を塗ります。

抽出する範囲を塗る

ウィンドウの右上にある「OK」ボタンを押すと、選択領域外のものはすべて消え、通常のPhotoshopの操作画面に戻ります。

抽出完了



Step4.切り抜きを微調整する

消しゴムツール消しゴムツールの5ピクセルのハード円ブラシを選択し、幹の周囲のゴミを除去します。

幹の周囲のゴミを除去する

作業中のレイヤーの下に新規レイヤーを作成し、白く塗りつぶします。
それから木のレイヤーに戻って、移動ツール移動ツールを使ってキャンバスの真ん中に移動させます。

木をキャンバスの真ん中に移動する



Step5.葉を付け足す

木のレイヤーに戻ります。
コピースタンプツールコピースタンプツールで、楓の葉(散乱)のブラシを使って木の画像を編集します。

コピースタンプツールを設定する

ブラシのサイズを25ピクセルに変更します。
「Alt」キーを押すとカーソルの形が変わります。
カーソルの形が変わった状態でクリックすると、クリックした地点がコピーする基準となります。
「Alt」キーを離した状態で描画すると、基準となるイメージの上に十字が表示され、カーソル内に対応する色が表示されます。

コピースタンプツールで描画する

同様に作業を続けます。内部の作業も忘れないようにしましょう。

コピースタンプツールで木の形を作る

ハード円ブラシの消しゴムツール消しゴムツールで、背景からはみ出た葉を削除します。

消しゴムツールで形を整える



Step6.完成

完成です。
綺麗に切り抜くだけでなく、切り抜いた後に付け足すことでも修正はできます。
自分なりの効率のいいやり方を考えてみてください。

完成



引用:Web Design Library 著者:ClippingDesign 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2014年7月の人気記事ランキング