ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでリアルな金属パイプを描く方法

Photoshopでリアルな金属パイプを描く方法

投稿日:2011年7月29日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルではPhotoshopでリアルな金属パイプを描く方法を紹介します。

Step1.はじめに

今回は、金属の質感を感じられるパイプを描きます。
完成イメージです。

完成図



Step2.新規ドキュメントを作成する

300px × 300pxで解像度100の新規ドキュメントを作成し、「パイプ」と名づけます。
「編集」−「塗りつぶし」を選び、黒で塗りつぶします。
Photoshopで、次の設定の新規ドキュメントを作成します。



Step3.パイプの形状を描き、光沢をつける

新規レイヤーを作成します。
長方形選択ツール長方形選択ツールを選び、パイプの形の選択範囲を作成してください。

選択範囲を作成したレイヤー上で、グラデーションツールグラデーションツールを使います。
画面上方のツールバーにある、「反射形グラデーション」ボタンをクリックしてください。

選択範囲の真ん中から、端を少し越えるところまで、グラデーションツールでドラッグします。
下の画像の「ビフォー」のように、右側に向かってドラッグします。
選択範囲を解除すると、「アフター」の画像のようになっているはずです。

選択範囲内にグラデーションを適用する



Step4.フィルタを適用し、質感を作る

「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズを加える」を選び、次の設定を適用します。

ノイズフィルタを適用する

次に、「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(移動)」を選び、次の設定を適用します。 角度はパイプの向きに合わせて調整します。

ぼかしフィルタを適用する

左:質感をつける前、右:質感をつけた後

質感をつける前後



Step5.照明効果を適用する

パイプに照明の効果をつけ、よりリアルにします。
パイプのあるレイヤーを選択し、「フィルタ」−「描画」−「照明効果」で次のように設定します。

照明効果フィルタを適用する



Step6.完成

完成です。

完成図



引用:Web Design Library 著者:Michael Aldworth 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング