ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで光の効果を演出する方法

Photoshopで光の効果を演出する方法

投稿日:2011年7月15日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルではPhotoshopを使って光の効果を演出する方法を紹介します。

Step1.はじめに

Photoshopは驚きのある画像や美しい画像を作るのに最適な、デザイナーにとって最高のツールです。
インターネット上で見られるたくさんの写真や魅力的なアートワークも、ほとんどがPhotoshopで編集・加工されています。

今回のチュートリアルでは、そのPhotoshopを使って、簡単に光の効果をつける方法を紹介します。
これからそのテクニックについて学びましょう。

今回のチュートリアルの完成イメージはこちらです。

完成形



Step2.下準備

まず最初に下準備をします。
以下のページから写真やブラシをダウンロードしてください。

ブルージーンズの女性

ベクターカーブブラシ

今回使用するツール一覧です。
ペンツールペンツール
ブラシツールブラシツール
指先ツール指先ツール
楕円形選択ツール楕円形選択ツール
・Photoshopのフィルター



Step3.新規ドキュメントの作成

Adobe Photoshopを起動して、新規ドキュメントを作成します。
ここでは750ピクセル×550ピクセルで背景が白の新規ドキュメントを作成します。

新規ドキュメントを作成する



Step4.背景に円形グラデーションを配置する

新規レイヤーを作成して、レイヤー名を「背景」にします。
描画色を「#505050」に、背景色を「#000000」に設定します。
グラデーションツールグラデーションツールを選択し、次のように円形グラデーションを作成します。

円形グラデーションの配置



Step5.カーブブラシでラインを描く

新規レイヤーを作成してレイヤー名を「カーブブラシ」にします。
カーブブラシで下図のように描画します。
反転したラインを引くには、「ブラシウィンドウ」-「ブラシ先端のシェイプ」を選び、左右反転にチェックを入れます。

カーブブラシで描く



Step6.女性の画像の貼り付け

ダウンロードした「ブルージーンズの女性」の画像をPhotoshopで読み込みます。
レイヤーパレット上で右クリックをし、「レイヤーの複製」を選択して、ラインのあるドキュメントに複製します。
「ブルージーンズの女性」の画像があるレイヤーを選び、背景をペンツールペンツールや消しゴムツール消しゴムツールを使って切り抜きます。

女性の画像の背景を切り抜く



Step7.背景に光の効果をつける

カーブブラシと女性の画像の間に新規レイヤーを作成します。
中央に楕円形選択ツール楕円形選択ツールで円形の選択範囲を作ります。
「選択範囲」−「選択範囲を変更」−「境界をぼかす」で30ピクセルを選択します。
楕円形選択ツール塗りつぶしツールで、選択範囲を「#D200FF」で塗ります。
このレイヤーのブレンドモード(描画モード)をスクリーンにして不透明度を50%にします。

背景に光の効果をつける



Step8.手前に光の効果をつける

Step7と同じ方法で、女性のレイヤーの上に、2つの色のついた光のレイヤーを作成します。 使う色は「#ff8b00」と「#96f8f7」です。 ブレンドモードをそれぞれオーバーレイにして不透明度を50%にします。

手前に光の効果をつける



Step9.背景に四角形を描く

女性の画像のレイヤーの下に新規レイヤーを作成します。
四角形ツール四角形ツールを使い、「#ffffff」の色で大きな四角形を描きます。

背景に四角形を描く



Step10.四角形を歪ませる

「フィルタ」−「ゆがみ」を選択します。 300ピクセルの前方ワープツールを使って、白い四角形を波打つかのように変形させます。

四角形を歪ませる



Step11.指先ツールで調節する

指先ツール指先ツールを使って、女性の周囲の白く波打っている部分をぼかします。
指先ツール指先ツールの大きさを200ピクセルに設定し、波打った四角形を押したり引いたりして、次の画像のようになるまで作業します。

指先ツールで調節する



Step12.脚の周りに効果をつける

女性の脚の部分に光彩を作ります。
新規レイヤーを作成して「テクスチャブラシ」と名前を入れます。
ブラシパレットのテクスチャにチェックを入れ、パターンを好きに設定します。
ブラシのマスター直径を45ピクセルにしたら、女性の足に「#dd9639」の色でブラシを入れます。
さらに、光彩の効果を高めるために「レイヤー」-「レイヤースタイル」-「光彩(外側)」を選び、次のように設定します。

光彩(外側)の設定をする

Step12の作業結果は次の通りです。

作業結果



Step13.体にまとわりつく青い光を描く

新規レイヤーを作成し、「パスのストローク1」と名前を付けます。
ペンツールペンツールを使って、女性の体にまとわりつくように3つのパスを作ります。
3つのパスのストロークに「#2ea0c6」で色をつけます。
さらに「レイヤー」-「レイヤースタイル」-「レイヤー効果」を選び、次のように設定します。

光彩(外側)の設定をする

・光彩(外側)
描画モード:通常
不透明度:100%
色:「#00d2ff」
スプレッド:8%
サイズ:16px

カラーオーバーレイの設定をする

・カラーオーバーレイ
色:「#04acd0」
描画モード:通常
不透明度:100%

Step13の作業結果は次の通りです。

レイヤー効果の適用



Step14.体にまとわりつく白い光を描く

新規レイヤーを作成し、「パスのストローク2」と名前を付けます。
ペンツールペンツールを使って、女性の体にまとわりつくように2つのパスを作ります。
2つのパスのストロークに「#ffffff」で色をつけます。
さらに「レイヤー」-「レイヤースタイル」-「レイヤー効果」を選び、次のように設定します。

光彩(外側)の設定をする

・光彩(外側)
描画モード:通常
不透明度:100%
色:「#ffffff」
スプレッド:8%
サイズ:16px

カラーオーバーレイの設定をする

・カラーオーバーレイ
色:「#e9e5e5」
描画モード:通常
不透明度:100%



Step15.完成

これで完成です。

完成



引用:Web Design Library 著者:tutorialchip.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング