ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで見栄えの良い3Dテキストを作成する方法

Photoshopで見栄えの良い3Dテキストを作成する方法

投稿日:2011年8月23日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルではPhotoshopで見栄えの良い3Dテキストを作成する方法を紹介します。

Step1.はじめに

3Dグラフィックで表現されたタイポグラフィーは、今や一般的なものとなりました。
今回は、Photoshopで見栄えの良い3Dテキストを作成する方法を紹介します。
完成イメージです。

完成図



Step2.テキストを入力する

Adobe Photoshopを開き、600px×600pxの大きさで、背景色が「#5d5656」の新規ドキュメントを作成します。

新規ドキュメントの作成

文字ツール文字ツールで、好みのテキストを入力します。
私は「3D Effect」と入力します。
フォントは「Agency FB」、色を白(「#ffffff」)にして、サイズを150にします。

テキストの入力



Step3.ワープテキストを作成する

文字ツール文字ツールを選択したまま、「ワープテキストを作成」ボタンをクリックします。

「ワープテキストを作成」をクリックする

ワープテキストのダイアログボックスから、スタイルを「でこぼこ」、カーブを「+30」に設定します。

ワープテキストを設定する

設定を適用すると、このようになります。

ワープテキストを適用する



Step4.「風」フィルタを適用する

テキストレイヤーを複製し、複製したレイヤーを後で作業するまで非表示にします。
背景レイヤーと複製元のレイヤーを結合します。

テキストレイヤーを複製し背景と結合する

フィルタを適用します。
「フィルタ」−「変形」−「極座標」を選択します。
「極座標を直交座標に」へチェックを入れます。

「極座標」フィルタを適用する

変形を設定します。
「編集」−「変形」−「90°回転(時計回り)」を選択します。
「フィルタ」−「表現手法」−「風」を選択し、方向は「左から」を選択します。

「風」フィルタを適用する

「Ctrl」+「F」キーを10回押し、フィルタを10回再設定します。
このようになります。

「風」フィルタを10回適用する

再び画像を回転させます。
「編集」−「変形」−「90°回転(反時計回り)」を選択します。

次に、フィルタで、「フィルタ」−「変形」−「極座標」を選択します。
「直交座標を極座標に」へチェックを入れます。

「極座標」フィルタをもう一度適用して元の形に戻す



Step5.前面のテキストにレイヤー効果を適用する

Step4で複製し非表示にしていたレイヤーを、再表示します。
次のように、好みの色をつけます。

複製レイヤーを再表示し色をつける

「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「レイヤー効果」を選び、複製したレイヤーにレイヤー効果を適用していきます。


シャドウ(内側)

シャドウ(内側)の設定

グラデーションオーバーレイ

グラデーションオーバーレイの設定

境界

境界の作成



Step6.完成

完成です。

完成図



引用:Web Design Library 著者:tutorialchip.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング