ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでテキストに心拍図のような効果をつける方法

Photoshopでテキストに心拍図のような効果をつける方法

投稿日:2011年8月30日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルではPhotoshopでテキストに心拍図のような効果をつける方法を紹介します。

Step1.はじめに

今回は、Adobe Photoshopを使って心拍図のような効果を作る方法をご紹介します。

完成図



Step2.テキストを書く

Adobe Photoshopを開き、新規Photoshopドキュメントを作成します。
520px×520pxの新規ドキュメントを作成し、背景色を「#000000(黒)」にします。

新規ドキュメントの作成

文字ツール文字ツールを選択したら、「TUTORIALCHIP」と書きます。
テキストの色は白で、フォントは「Swis721 BdOul BT Bold」にします。

テキストを入力する



Step3.線をジグザグに繋ぐ

太さ3pxのラインツールラインツールで、次のように線を引きます。

アンダーラインを引く

山線を描く

谷線を描く

山線を描く

谷線を描く

水平線を引く

ラインのレイヤーを「Ctrl」+「E」キーを押して全て結合していき、一つのレイヤーにまとめます。
一つのレイヤーにまとめたら、消しゴムツール消しゴムツールを選び、サイズは15pxで不透明度を100%のハード円ブラシに設定してから、次のように線を消します。

文字と被っているアンダーラインを消す



Step4.フィルタを適用する

レイヤーを回転させます。
「編集」−「変形」−「90°回転(時計回り)」を選択します。

90°時計回りに回転する

フィルタを使用します。
「フィルタ」−「表現手法」−「風」を選択し、次のように設定します。

風フィルタを設定する

フィルタを適用するとこのような感じになります。

風フィルタを適用する

「Ctrl」+「F」キーをもう1度押し、フィルタを再適用します。

風フィルタを再適用する

風フィルタを再設定します。
「フィルタ」−「表現手法」−「風」を選択して次のように設定します。

風フィルタを設定する

フィルタを適用するとこのような感じになります。

風フィルタを適用する

「Ctrl」+「F」キーをもう1回押し、フィルタを再適用します。

風フィルタを再適用する

レイヤーを回転させます。
「編集」−「変形」−「90°回転(反時計回り)」を選択します。

90°反時計回りに回転する



Step5.レイヤー効果を適用する

このステップではレイヤー効果を使います。
「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「レイヤー効果」を選んで設定します。
次のように設定します。

光彩(外側)

光彩(外側)の設定

カラーオーバーレイ

カラーオーバーレイの設定



Step6.完成

これで完成です

完成図



引用:Web Design Library 著者:tutorialchip.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング