ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでフリースタイルのテキスト効果をデザインする方法

Photoshopでフリースタイルのテキスト効果をデザインする方法

投稿日:2011年10月18日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルではPhotoshopでフリースタイルのテキスト効果をデザインする方法を紹介します。

Step1.はじめに

今回は、Photoshopでペンツールペンツールとゆがみフィルターを使ってフリースタイルのテキスト効果をデザインする方法をご紹介します。
レイヤースタイルや自由変形ツール、ペンツール、ゆがみフィルターを主流に使っていきます。
下の画像がこのチュートリアルの完成図です。

完成図



Step2.1行だけ選択する

770px×1000pxの大きさで、白い背景の新規ドキュメントを作成します。
紙のテクスチャの画像をPhotoshopに読み込み、長方形選択ツール長方形選択ツールを使って下図のように一部分を選択します。

一部を選択する

それをコピーしてキャンバスに貼り付け、大きさをキャンバスのサイズに合わせます。

キャンバスに貼り付ける

この紙のテクスチャのレイヤーの上に下記のように白黒の調整レイヤーを加えます。

白黒調整レイヤーを適用する

すると下記のように、紙のテクスチャが白黒の粒子のような効果に変わります。

調整適用後の様子



Step3.ペンツールで模様を作成する

ペンツールペンツールを使って何か模様を描きます。
新規レイヤーを作成し、キャンバスの下の方にペンツールペンツールで作業用パスを描きます。

ペンツールで選択範囲を作る

この作業用パスの内側で右クリックして、ライトグレーで塗ります。

パスの塗りつぶしを選ぶ

ライトグレーで塗りつぶす

終了時にはこのような状態になります。

塗りつぶし後の様子



Step4.ゆがみフィルタで水滴をつくる

「フィルタ」−「ゆがみ」からゆがみフィルターを使います。
グレーの模様のレイヤーに、前方ワープを使って液体が流れるような効果をつけます。
ブラシサイズと前方ワープの筆圧を調整することにより、効果を微調整します。
コツは先端を丸くすることと、液体の途切れを表現する為に細い部分を中間に作ることです。

ゆがみフィルターで形を作る

このような効果が得られるように調整します。

画像のような形状を目指す

グレーの模様レイヤーの色んな部分にゆがみフィルターを適用します。
「編集」−「変形」−「垂直方向に反転」を選び、このレイヤーを縦方向に反転させ、キャンバスの一番上に移動させます。

縦に反転させて天井へ移動させる

次にこのレイヤーを複製し、垂直方向に反転させてから、キャンバスの一番下へ移動します。
「Ctrl」+「U」キーを押して「色相・彩度」フィルタを開き、明度を下げたりするなどして色を濃くします。
ゆがみフィルターを使い、前方ワープで再度ゆがみ効果をつけます。

複製後縦に反転し底辺まで移動する



Step5.テキストを入力する

キャンバスに好きなようにテキストを書き込みます。
ここでは太いフォントを使って下記のように並べました。

テキストを自由に配置する

これらの文字全てに、「フィルタ」−「ゆがみ」からゆがみフィルターを適用します。
まずLの文字から始めます。
テキストレイヤーを複製し、複製したレイヤーを元のテキストレイヤーの下に移動します。
下のレイヤーをラスタライズし、「Ctrl」+「U」キーを押してもっと暗い赤に変えます。
下図のように、ゆがみフィルターから前方ワープを選び、ゆがみ効果をつけます。

画像のような形状にする

ゆがみフィルターでひらひらした感じをつける

元のテキストレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、ペンツールペンツールを使って下図のように作業用パスを描きます。

ペンツールでパスを描く

次にこの作業用パスを明るめの赤で塗ってLに模様をつけます。

パスを明るめの色で塗りつぶす

この新しい模様を複製して、時計回りに90度回転させ、Lの下の部分に移動します。

模様を複製し他の部分にも移植する



Step6.画面に変化を加える

Step5の作業を繰り返し、残りの文字にもゆがみフィルターの効果をつけていきます。
それらのレイヤーにゆがみをつける際には、そのレイヤーの不透明度や明るさも変えます。

他の文字にもゆがみフィルターを適用する

不透明度や明度を操作し変化をつける

仕上げに、抽象的なブラシなどを使って画面に変化を加えます。

ブラシで画面に変化を加える



Step7.特殊な効果を重ねる

最終仕上げとして、背景以外のレイヤーを統合して、背景レイヤーを複製します。
背景レイヤーに「フィルタ」−「スケッチ」−「木炭画」を選び、下図のとおりに設定します。

木炭画フィルタを適用する

複製したレイヤーの描画モードをビビッドライトに変えます。
レイヤーの不透明度を30%ぐらいに下げます。
下記のような効果が得られます。

レイヤーの描画モードや不透明度を変更する

トーンカーブ調整レイヤーで、下記の設定で画像に色を加えます。

トーンカーブ(RGB)の設定をする

トーンカーブ(レッド)の設定をする

トーンカーブ(グリーン)の設定をする

トーンカーブ(ブルー)の設定をする



Step8.完成

これで完成です。

完成



引用:Web Design Library 著者:psdvault 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング