ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでキラキラ光るラメの効果をつける方法

Photoshopでキラキラ光るラメの効果をつける方法

投稿日:2011年11月08日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop

このチュートリアルではPhotoshopでキラキラ光るラメの効果をつける方法を紹介します。

Step1.はじめに

テキストにキラキラ光るラメの効果をつけます。
完成予定図は以下の通りです。

完成図



Step2.背景画像の作成

描画色を#a06600、背景色を#342b28にセットし、グラデーションツールグラデーションツールで円形グラデーションを作成します。

円形グラデーションの作成

背景テクスチャをドキュメントに貼り付けます。
テクスチャのあるレイヤーの描画モードをソフトライトに変えます。
塗りの数値は50%にします。

背景テクスチャの描画モードをソフトライトに、塗りを50%にする

文字ツール文字ツールを使い、#cbb99dの色でテキストを入力します。
フォントはBrockで、サイズは450pxに設定します。

テキストを入力する



Step3.レイヤー効果の適用

「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「レイヤー効果」を選びます。
下記のスタイルを適用してください。

ドロップシャドウ:カラーのみ#7c6d57に変えます。

ドロップシャドウの設定

シャドウ(内側):カラーを#a77d31に、距離を0に、サイズを27に、輪郭をローリングスロープ‐下向きに変えます。

シャドウ(内側)の設定

べベルとエンボス:深さを276に、サイズを10に、ハイライトのモードをビビットライトに、カラーを#f4edd3に、シャドウモードを#e9b65fに変更します。

べベルとエンボスの設定

効果を適用すると、テキストに金属的な質感がつきます。

レイヤー効果の適用後



Step4.テクスチャの作成

レイヤーの一番上に新規レイヤーを作成し、「テクスチャ」と名前を付けます。
Ctrlキーを押しながら、レイヤーパレット上のテキストレイヤーのサムネイルをクリックし、選択範囲を作成します。

Ctrlを押しながらサムネイルをクリックする

描画色を#cbb99d、背景色を#724c21に設定します。
「テクスチャ」レイヤーを選択して、選択範囲を描画色で塗り潰します。

テクスチャレイヤー上で選択範囲を塗りつぶす

「フィルター」−「描画」−「ファイバー」を選択して、変化を50、強さを4に設定します。

ファイバーフィルターを適用する

Ctrl+Dを押して選択範囲を解除します。

選択範囲の解除

「フィルター」−「テクスチャ」−「クラッキング」を選びます。
溝の間隔を13、溝の深さを3、溝の明るさを8に変えます。

クラッキングフィルターを適用する

クラッキングフィルター適用後

「テクスチャ」レイヤーの描画モードをピンライトに変え、塗りの値を75%にします。

描画モードをピンライトに、塗りを75%にする



Step5.完成

これで完成です。

完成図



引用:Web Design Library 著者:textuts.com 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング