スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopを使って、都会的なチルトシフト効果を出す方法

Photoshopを使って、都会的なチルトシフト効果を出す方法

投稿日:2011年12月20日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

このチュートリアルでは、フォトショップで都会的なチルトシフト効果を出す方法を紹介します。

Step1:はじめに

今回は、町の写真にぼかしを加えて、抽象的な効果を出す簡単な方法を紹介します。

まずはじめに、素材を準備します。
ここでは、美しいパリの街の写真を使用します。

フォトショップでこの画像を開きます。

はじめに

レイヤーパネルの一番下にある調整レイヤーボタンをクリックします。
そして、トーンカーブを選択します。

はじめに

はじめに



Step2:空を調整する

黒点のピッカーをクリックし、もっとも暗くしたい部分を選択します。
次に白色点のピッカーも同様に、最も明るい部分を選択します。

空を調整する

空が明るくなりすぎても心配いりません。後で調整します。

調整レイヤーから、色相・彩度を選択し、彩度を-35%に下げます

空を調整する

空を調整する





Step3:ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

次に、レンズぼかしを追加します。

まず、背景を右クリックし、「背景からレイヤーへ」を選択します。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

選択したまま、レイヤーマスクボタンを押します。
レイヤーマスク内で写真を塗ると、その部分にぼかしを適用しないようにできます。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

大きなソフトブラシを選択します。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

レイヤーマスクのサムネイルを選択している状態で、ぼかしたくない部分を塗ります。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

次に画像のサムネイルをクリックします。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

フィルター > ぼかし > ぼかし(レンズ)を選択します。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

ソースをレイヤーマスクにして、他の設定を次のようにします。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする

OKボタンを押して、適用します。
レイヤーマスクを削除します。

ぼかしをかけたくない箇所をマスクする



Step4:境界線をなじませる

トーンカーブに戻り、レイヤーマスクを追加します。

境界線をなじませる

レイヤーマスクを選択したまま、大きなやわらかいグレーのブラシを選択します。
トーンカーブレイヤーの効果を減らしたい空の部分を塗りつぶします。

境界線をなじませる



Step5:仕上げ

最後に切り抜きツールを使って画像の端を削除します。
ここでは、手前にある彫刻を取り除き、空の面積を小さくするために削除しました。

仕上げ



引用:Web Design Library 著者:Matt 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング