スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで壁に落書きをする方法

Photoshopで壁に落書きをする方法

投稿日:2012年1月24日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

このチュートリアルでは、フォトショップを使って落書きのようなテキストを作る方法を学びます。
また、既にある写真にその落書きを追加して、本物っぽく見えるようにする方法を学びます。

Step1:はじめに

落書きをしたい画像を開きます。
ここでは、下の画像を使います。

元画像



Step2:テキストを作成する

新しいドキュメントでこの画像を開き、追加したいテキストを作成します。

追加したいテキストを作成





Step3:レイヤー効果をつける

レイヤー効果で下のように設定します。

グラデーションオーバーレイ設定

すると、次のようになります。

グラデーションがかかったテキスト



Step4:テキストを強調する

新しいレイヤーを作り、Ctrlを押しながらテキストレイヤー(のサムネイル)をクリックします。
新規レイヤーをテキストレイヤーの下に移動します。
「選択範囲 - 選択範囲を変更 - 拡張」と選択し、拡張量を3とします。

拡張した選択部分を塗りつぶすと、下のようになります。

レイヤーを作成しテキストの拡張量3で塗りつぶす

新規レイヤーを選択していることを確認し、矢印キーで、左、左、下と入力します。
すると、下のような結果になります。

新規レイヤーを左下にずらす



Step5:レイヤーを統合する

すべての落書きレイヤーを選択し、すべて統合します。
新しいドキュメントに統合したレイヤーをドラッグします。
落書きレイヤーを選択し、複製します。
覆い焼きカラーを適用し、レイヤーを統合します。

覆い焼きカラー


Step6:テキストの形を編集する

「ワープ」や「自由な形に」を選択して、落書きのサイズを変えたり編集して、次のようになるようにします。

サイズを変更



Step7:テキストをなじませる

グランジブラシやフラクタルブラシを不透明度を低くして使い、次のように落書きが薄くなるようにします。

完成



Step8:完成

長い間、雨風にさらされたような落書きが追加できました。

完成


引用:Web Design Library 著者:avivadirectory.com 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング