ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでグレースケールに色調を付ける方法

Photoshopでグレースケールに色調を付ける方法

投稿日:2012年2月7日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

このチュートリアルではセレクティブカラーを使ってグレースケール画像に繊細なトーンを加える方法を学びます。

Step1:はじめに

Photoshopで写真を開いてください。

写真を開いてください



Step2:グレースケールにする

「イメージ」−「モード」−「グレースケール」を選び、次に「イメージ」−「モード」−「RGBカラー」を選択してください。

グレースケール





Step3:レイヤーを複製する

背景レイヤーを2回複製します。
真ん中のレイヤーの描画モードをスクリーンにして、不透明度を20%にしてください。

スクリーン 不透明度20%

一番上のレイヤーの描画モードをスクリーンにして、不透明度を50%にします。

スクリーン 不透明度50%



Step4:セレクティブカラーレイヤーを作成する

次にセレクティブカラーレイヤーを加えます。
レイヤーパネルの下にある調整レイヤーボタンをクリックして特定色域の選択を選んでください。

特定色域の選択

このレイヤーを一番上のレイヤーの下に置きます。
ドロップダウンメニューから白色系を選んで下記の設定をしてください。

白色系

次に中間色系を選んで下記の設定をします。

中間色系

黒色系を選んで下記の設定をします。

黒色系

これで影に強い赤、中間調と白の部分にやわらかな青と黄色の色相が入りました。

影に強い赤、中間調と白の部分にやわらかな青と黄色の色相が入りました

最後にセレクティブカラーレイヤーの不透明度を50%に下げてください。

不透明度50%



Step5:完成

完成です。

完成


引用:Web Design Library 著者:Matt 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング