スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopを使って空をドラマチックにデザインする方法

Photoshopを使って空をドラマチックにデザインする方法

投稿日:2012年2月28日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

写真では空は露出が多いため目立たない印象があります。このチュートリアルでは空にドラマ性を加えて意味づけする方法を紹介します。

Step1:はじめに

写真を開きます。

加工用写真



Step2:「明るさ ・ コントラスト」レイヤーを追加する

新規調整レイヤーで「明るさ ・ コントラスト」を選択します。

「明るさ ・ コントラスト」レイヤー

コントラストを増やして明るさを減らして空に意味づけをします。

コントラストパネル

手前の風景が暗く見えますがご心配なく。後で修正します。

加工後





Step3:「明るさ ・ コントラスト」レイヤーにマスクする

空の見た目が満足する程度まで仕上がったら、クイック選択ツールクイック選択ツールで全選択します。

クイック選択ツールで全選択

「明るさ ・ コントラスト」レイヤーのサムネイルが選択されていることを確認したら、「編集」−「塗りつぶし」−「白黒」を選択して、「OK」をクリックします。

塗りつぶし

写真の前側の箇所に「明るさ ・ コントラスト」レイヤーの効果をマスクします。

マスク


Step4:コントラストを増やす

次に画像全体のコントラストを増やします。

コントラスト調整

新規調整レイヤーで「レベル補正」を選択して、黒い色のピッカーで一番暗い場所を選択したら、白い色のピッカーで一番明るい場所を選択します。

レベル補正

最後に、新規調整レイヤーで「色相・彩度」を選択して彩度を-70%にします。

加工後

色相・彩度



Step5:完成

これで完成です。

完成

今回のレイヤーパネルの状況です。

レイヤーパネル

以下の画像のように、この簡単なテクニックを使って写真にもっとドラマ性を持たせることができます。

応用1

応用2


引用:Web Design Library 著者:Matt 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング