スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座テキスト > Photoshopのクリッピングマスクで簡単にユニークなテキストエフェクトを作る方法

Photoshopのクリッピングマスクで簡単にユニークなテキストエフェクトを作る方法

投稿日:2012年3月2日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

このチュートリアルではクリッピングマスクで簡単にユニークなテキストエフェクトを作る方法を紹介します。

Step1:はじめに

黒い背景の新規ドキュメントを作成して、文字ツールでドキュメントに文字を書きます。

新規ドキュメント



Step2:石のテクスチャでカバーする

Photoshopから石のテクスチャをロードして、長方形選択ツールで次のように選択範囲を作ります。

選択範囲を作る

テクスチャをテキストにコピーアンドペーストして、サイズを変更して回転させると次のようになります。

サイズを変更して回転

テクスチャのレイヤー上で右クリックすると、「クリッピングマスクを作成」というオプションが表示されますのでクリックします。

クリッピングマスクを作成

テクスチャがテキストを覆い、テクスチャの余っている部分が消えます。

適用後

上のステップを繰り返して、テキスト全体を石のテクスチャでカバーします。クリッピングマスクで何度か試してみてもよいでしょう。

テキスト全体を石のテクスチャでカバー





Step3:レイヤーマスクを追加する

テキストレイヤーにレイヤーマスクを追加してテキストの一部を消します。

レイヤーマスクを追加

クリッピングマスクとしてテクスチャレイヤを作っているので、テキストの一部を消すと、テクスチャレイヤーも消えます。

テキストの一部を削除

ここで、クリッピングマスクとして調整レイヤーを追加する場合についてですが、「レイヤー>新規>レイヤー」 から新規レイヤーウィンドウを開き「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」のオプションにチェックマークが入っているか確認します。この方法を使うと調整レイヤーの下に対してのみ効果を適用できます。

レイヤー>新規>レイヤー「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」のオプションにチェック

調整レイヤー(トーンカーブ、レベル補正)をクリッピングマスクとしていくつか追加して効果を試します。


Step4:水の効果を追加する

画像に流れる水の効果を追加します。ウォーターブラシを使ってはねる水を描くことができます。

はねる水を描く

ゆがみフィルタを使って水のパターンを次のようにひねります。

ゆがみフィルタを使ってひねる

上のステップを繰り返して、水のパターンを数種類作ってテキストの周りに配置します。

テキストの周りに配置



Step5:汚れた感じのテクスチャを追加する

最後のレタッチを行いますが、ここではウェブからダウンロードした雲のブラシを使って効果を加えます。

雲のブラシを使って効果を加える

キャンバスの周囲に汚れた感じのテクスチャを追加します。

感じのテクスチャを追加

最後に、画像を統合して背景のレイヤーを複製してから、複製したレイヤーに「フィルタ>ブラシストローク>エッジの強調」を適用します。レイヤーマスクを使って複製したレイヤーの一部を隠して背景のレイヤーが見えるようにします。

「フィルタ>ブラシストローク>エッジの強調」を適用



Step6:完成

完成です。
ここではさらに、少しだけ色を調整してみました。

完成


引用:Web Design Library 著者:psdvault 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング