スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで背景をぼかす方法

Photoshopで背景をぼかす方法

投稿日:2012年5月15日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

この初心者向けのPhotoshopのチュートリアルでは、ぼかし効果を適用し、光の効果を加えることで写真全体をよりよく見せる方法を解説していきます。

Step1:はじめに

適当に選んだ写真をPhotoshopで開き、レイヤーを複製します。

元写真

レイヤーを複製



Step2:ぼかしを加える

はじめのレイヤーを選択し、Lキーを押してなげなわツールなげなわツールに切り替えます。
その時に、ぼかしの値を250ピクセルにしていることを確認し、下のように画像を選択します。
(ぼかしの値は選択した写真によって変わります。写真が大きければ、設定するぼかしの値も大きくなります)

画像を選択

次に、Shift + Ctrl + Iをおして、選択範囲を反転します。
「フィルタ > ぼかし > ぼかし(ガウス)」を選択し、ぼかしを適用します。
値を15程度にしてOKをおします。

選択範囲を反転

元の選択範囲を拡張するので、なげなわツールを選択した状態で、Shiftキーを押したままにします。
今回は中央に小さめの円を書きます。
女性の顔の周りを囲むようにします。

上で行ったぼかしの操作を繰り返します。
違う点は値を小さくするという点だけです。
ここでは、8を使いました。

女性の顔の周りを囲むように選択

Ctrl + Dをおして、選択を解除します。
今は次のようになっています。

ぼかし効果の適用後

この段階で、ぼかし効果の適用が終わりました。





Step3:光の効果を加える

次に、光の効果を加えてみたいと思います。
まず、新しい空のレイヤーを一番うえに作成します。

空のレイヤーを一番うえに作成

次に、Bをおして、ブラシツールを選択します。
カンバス内で右クリックして、柔らかいブラシを選択します。
今回は、ブラシサイズを300ピクセルにします。

柔らかいブラシ

空のレイヤーを選択していること、明るい黄色を選択していることを確認します。
下の赤で示した部分を丸く塗りつぶします。
これにより、写真に光が加わり、よりドラマチックになり、
見た目が柔らかくなって雰囲気がよりよくなります。

次に、Ctrl + Lを押してレベル補正画面を立ち上げます。
コントローラを左に動かし、写真のハイライト入力レベルを明るくします。

ハイライト入力レベルを明るく


Step4:完成

完成です。

作業前後で比較できるように2つの写真を並べてみました。

作業前後


引用:Web Design Library 著者:10Steps.SG 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング