スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでシャドウが入った汚れたテキストを作る方法

Photoshopでシャドウが入った汚れたテキストを作る方法

投稿日:2012年6月15日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

このチュートリアルでは、Photoshopでシャドウが入った汚れたテキストを作る方法を紹介します。
まず汚れた背景を作り、レイヤーを重ねて、レイヤーマスクやその他のテクニックを使います。

Step1:はじめに

Google 画像検索で次のように汚れた感じの壁紙を選択します。

汚れた感じの壁紙



Step2:背景を作る

「色相・彩度」(「Ctrl」+「U」キーを押す)で彩度を次のように-100%にします。

色相・彩度

「イメージ」−「色調補正」−「グラデーションマップ」を選択します。

グラデーションマップ

グラデーションマップを次のように黒と「#728F9D」に設定します。

グラデーションマップ

新規レイヤーを作成して黒く塗ります。

新規レイヤー

消しゴムツール消しゴムツールを次のように設定します。

消しゴムツール





Step3:テキストを入れる

文字ツール文字ツールで文字を入力します。

文字を入力

レイヤースタイルでドロップシャドウを次のように設定します。

ドロップシャドウ

レイヤーでオーバレイを選択します。

オーバレイ


Step4:立体感を出す

長方形選択ツール長方形選択ツールで次のようにシェイプを作ります。

シェイプ

レイヤースタイルでドロップシャドウを次のように設定します。

ドロップシャドウ

塗りの不透明度を1%にします。

不透明度を1%



Step5:完成

完成です。

完成

このチュートリアルで紹介したテクニックによって新しい発見やアイディアが呼び起こされて今後の皆さまのデザインのお役に立つことを願っています。


引用:Web Design Library 著者:Shahzad Amin 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング