ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopでヴィンテージ風の写真を作成する方法

Photoshopでヴィンテージ風の写真を作成する方法

投稿日:2012年7月13日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

Photoshopだけでも素晴らしいヴィンテージ写真の効果をつけることができます。
それではPhotoshopでヴィンテージ風の写真を作成する手順をお楽しみください。

Step1:はじめに

このチュートリアルの素材セクションにあるストリートビューの写真を開いてください。
Ctrl+Jを押すか、右クリックでレイヤーの複製を選んで背景画像を複製してください。

画像複製



Step2:スマートオブジェクトにする

複製したレイヤーで右クリックをして、下記のとおり「スマートオブジェクトに変換」を選んでください。
これによりどんなフィルタの数値もいつでも編集することが可能になります。
元の画像を上書きせず作業をする際にはスマートオブジェクトを使用することをお勧めします。

スマートオブジェクト





Step3:エッジにコントラストをつける

画像のエッジにコントラストをつけるには「フィルタ」−「ハイパス」を選んでください。
ハイパスフィルタの設定で下記のとおり、半径を0.3ピクセルにします。

フィルター・バイパス

適用画像


Step4:描画モードをオーバーレイにする

複製したレイヤーの描画モードを「オーバーレイ」にします。元の画像と比べてみてください。
微妙ですが、エッジのコントラストが美しくなっているはずです。

適用画像



Step5:明るさ・コントラストを調整する

レイヤーパレットの調整レイヤーの明るさ・コントラストを選んでください。ここでは画像の全体的なトーンを落とします。
コントラストの下記の数値を適用してください。

調整レイヤー

明るさ・コントラスト

適用画像



Step6:色合い調整する

今回のチュートリアルでもっとも重要な部分です。
赤−緑−青のチャンネルのトーンカーブを的確にコントロールすることによりヴィンテージの色合いを出します。
調整レイヤーのトーンカーブを選んで、下記のとおり設定してください。
まず赤のチャンネルを選んで、カーブを次のとおりに操作してください。
次に画像を明るくし、緑色系の色のトーンを加えるため、下記のとおりグリーンのチャンネルを設定してください。

トーンカーブ

色彩

適用画像



Step7:スマートオブジェクトにする

そろそろ手順も終盤です。背景画像を選択して複製し、スマートオブジェクトに変換してください。
「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズを加える」を選択します。4%の強さでノイズフィルタを適用して下さい。
ここで加えるノイズはほんのわずかです。

ノイズを加える

適用画像



Step8:周辺光量補正を調整する

レンズ補正ツールを使って、最後に重要な調整をします。
背景レイヤーを選んだまま、「フィルタ」−「変形」−「レンズ補正」を選択して、周辺光量補正を調整します。
適用量を-100(暗く)に、中心点を+25にしてください。他の数値は変える必要がありません。

レンズ補正

適用画像



Step9:完成

最終作品は下記のとおりです。

完成画像


お楽しみいただければ幸いです。


引用:Web Design Library 著者: PSDFAN.com  翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング