ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeグラフィック講座 > Illustratorでどくろのステッカーを作成する方法

Illustratorでどくろのステッカーを作成する方法

投稿日:2012年12月11日   レベル:初心者    ソフトウェア:illustrator

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。


Step1:はじめに

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

このチュートリアルに従って、Adobe Illustratorでかっこいい小さなどくろのステッカーを作成しましょう。ここではIllustratorの重要なツールを使ってどくろのデザインを作成するのみならず、裁ち切りやガイドを使った基本的な印刷ドキュメントの設定方法も学ぶので、このチュートリアルはIllustratorの初心者にも最適なものになるはずです。

Step2:図形の描画

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

ここで作成するどくろは、キュートで漫画チックな風貌にするため、シンプルなベクターのシェイプで作成しています。また、ベクターのテクスチャを使って汚すことにより、少し古めかしい雰囲気を付けます。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

ステッカーの寸法はご使用になるプリンターによって決まりますが、私が選んだプリンターの場合は38x38mmのステッカーを作ることが出来るので、これに必要な1mmの裁ち切りを足すと、40x40mmのアートワークサイズになります。通常の印刷ではIllustratorの裁ち切り設定を使ってガイドを追加すれば良いのですが、今回のステッカーは円形なので、この裁ち切りマージンは使用できません。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

そこで、円形のガイドを自ら作成するために、まず最初に作成したい大きさで、アートボードと合うように円を描きます。楕円ツールを選んで、アートボードのどこでも良いのでクリックをして正確なサイズを入力してください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

整列パレットを使って、円が正確にアートボードと重なるようにします。アートボードに整列にチェックが入っていることを確認してください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

仮の円の配置が終わったら、右クリックをしてガイドを作成を選択し、このオブジェクトをガイドラインに変更して、印刷時に印刷されないようにします。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

これで裁ち切りを含めたステッカー全体のガイドは出来ましたが、さらにこのアートワークをどこで切るかのガイドが必要です。このガイドを目安としてステッカーをデザインすることにより、仕上げのカット時にデザインの一部が切り取られてしまうのを防ぐことができます。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

2つのガイドが整ったら、右クリックをしてガイドをロックし、無意識のうちに選択されたり、場所が移動したりすることがないようにします。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

今回作成しているデザインの背景は黒なので、40x40mmの円をアートボードに描いて、中央に揃えてください。





Step3:パーツの作成

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

楕円ツールを使って、頭蓋骨を描いていきます。次に、角丸長方形ツールであごの部分を描きます。マウスを離す前に矢印キーを押して角の半径を調整してください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

単純な黒い円を使って2つの眼窩を作りますが、片方の目をわずかに小さくして困惑したような表情を作り出します。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

まず、2つの円を重ねて骨の基本となる形を描きます。最初の円が描けたら、ALTを押しながらそのシェイプをドラッグして複製してください。これに少し回転させた長方形を追加して骨の棒状の部分を作成します。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

頭蓋骨以外の骨を構成する全てのシェイプを選択し、CMD+Gを押してグループ化してください。これをコピー(CMD+C)して前面にペースト(CMD+F)し、「オブジェクト」−「変形」−「リフレクト」を選んで垂直軸で反対方向に回転させてください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

このままでは骨の部分が頭蓋骨と混ざってしまっています。そこで「オブジェクト」−「パス」−「パスのオフセット」を選んで、がい骨の2つの要素の周りに境界を作ります。パスのオフセットは1mmにして黒で塗ってください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

新しく描いた黒い境界線と交差する骨は正しい順序で重なっている必要があります。CMD+[とCMD+]のショートカットキーを使って、それぞれの要素を前面や背面に移動させて、黒の境界線が骨の上に来るようにしてください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

簡単な口を加えるとがい骨の顔は完成です。縦のラインを複製する際にはALTキーを押しながらドラッグしてください。次にCMD+Dで変形を繰り返し、同じ間隔のラインを描きます。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

ステッカーのデザインは今のところ順調のようです。ステッカーはかなり小さいので、こういったシンプルなシェイプを使ってがい骨を描くことはとても重要です。


Step4:テクスチャの作成

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

どんなものでも少し汚すことで良く見えるようになります。vector bumper packからテクスチャをコピーしてください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

背景の円をコピーして前面にペーストして、CMD+Shift+]で最前面に配置してください。このシェイプとテクスチャを同時に選択して、パスファインダパレットの切り抜きボタンを押してください。これによりステッカーからはみ出た余分なテクスチャは取り除かれるので、テクスチャを白で塗って黒い背景を汚します。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

別のテクスチャをペーストしてください。ただし今回は頭蓋骨と骨を構成する全ての要素をコピーします。パスファインダの合流ボタンを押して、ひとつのシェイプにしてください。

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

合流した頭蓋骨と骨のシェイプを一番上に移動し、2番目のテクスチャを切り取るのに使います。こうしてテクスチャを重ねることにより、何年もの間自然に晒されていたかのような風合いが出ます。


Step5:完成

このチュートリアルではIllustratorでどくろのステッカーを作成する方法について紹介します。

これでJPEGやEPSファイルとして保存すれば印刷の準備は完了です。これらのガイドは最終的な印刷には表示されませんが、裁ち切りのマージンを示しているので、最終的なサイズにカットする際に作品の一部が切れてしまわないことを確認することができます。


引用:Web Design Library  翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング