ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座ウェブユーザビリティ > コンバージョンを最大限にするウェブサイトをデザインする方法

コンバージョンを最大限にするウェブサイトをデザインする方法

投稿日:2013年2月12日   レベル:初心者    ソフトウェア:

このチュートリアルではコンバージョンを最大限にするウェブサイトをデザインする方法について紹介します。


Step1:はじめに

見た目の良いウェブデザインを作ることはできても、
見込み客や売り上げを最大限にするサイトを作ることはできますか?
見た目の良いウェブサイトを作るのは一つの要素に過ぎず、
見込み客を作っていないのであれば、努力はすべて無駄に終わります。
たくさんのトラフィックを見込み客に変えるウェブサイトをデザインすることは
現実のデザインとしての芸術形式に匹敵します。
必要なのは、見た目が良くてスパムに見えないウェブサイトで、
コンテンツが少なくても訪問者を引きつけてコンタクトを取ることです。
この記事では、セールスをもっと生み出すようデザインを向上するキーコンセプトについて詳しく考えます。

Step2:ヒートマップについて

ヒートマップとは訪問者がウェブサイトで最も多く見たりクリックしたりする場所を示します。
訪問者がページの特定のエリアに引きつけられるのは、以前どのようにウェブサイトを使ったかによるものです。
Google社は独自のヒートマップをリリースしてAdSenseによるウェブサイトの最適化を促進します。
このヒートマップはビジネスサイトやAdsenseのような広告を表示するウェブサイトに役立っています。

このチュートリアルではコンバージョンを最大限にするウェブサイトをデザインする方法について紹介します。

* 暗いエリアは訪問者から多く注目された場所

上の画像はGoogle AdSenseのヒートマップです。
ご覧のように、最も多くクリックされて注目されたエリアは中央部の左側であることを示しています。
トラフィックの高いエリアは広告や問い合わせフォームに最適です。
問い合わせフォームは、多くのウェブサイトで見られる典型的な「見積もり依頼」フォームです。
フォームでは、名前、電子メールアドレス、問い合わせ商品など、情報を集めます。
保険、金融、健康などの業界で訪問者を見込み客に変えることで知られるウェブサイトには
ほとんど常に問い合わせフォームがあります。




Step3:カラーマップについて

色が重要なのは、審美的な理由のためだけではありません。
色はユーザーの注意を引き付け、自分の設計に沿ってユーザーを実際にガイドします。
そのため、問い合わせフォームがトラフィックの高いエリアにある場合、目立つ色を使うことを勧めます。
そこで、やり過ぎないよう、鮮やかな赤で千本の矢印で問い合わせフォームを示すことのないよう注意してください。
他のページよりも明るい色を探して、問い合わせフォームのバックグラウンドや境界線に使います。

このチュートリアルではコンバージョンを最大限にするウェブサイトをデザインする方法について紹介します。

対応する色
P(Primary)= 第1
S(Secondary)= 第2
T(Tertiary)= 第3
プリセリング

上図が必ずしも100%正解とは限りませんが、プリセリングは未だに使われています。
プリセリングは、問い合わせページにポジティブな方法で製品を目立たせる画像を追加するのと同様にシンプルな方法です。
繰り返しますが、ヒートマップの使用によって、トラフィックの高いエリアを顧客が自然に見るように画像を配置できます。
画像には特徴や利点を示した製品や製品の形式を含めることができます。
買う気を起こさせる画像は簡潔であり、顧客がその製品を買う必要がある理由を示すことが望ましいです。
もう一つの良いアイディアは、ヒートマップで一番見られているエリアに、他の製品やレビューや訪問者に見てもらいたい他のお得な情報へのリンクがついたテキストボックスを追加することです。

Step4:最後に

最適化の他の方法

単にフォームを正しい場所に配置する以上に多くの見込み客を生むウェブサイトの構造はさまざまあります。
それぞれの手法について踏み込むと細かくなりますが、考慮すべきものは「ユーザーフロー」と呼ばれるものです。
シンプルがベターというメンタリティーの下でウェブサイトをデザインするのが望ましいです。
ユーザーがA地点からB地点まで容易に移動できればそれだけ購買行動を起こしやすくなります。
Google Analyticsツールは、ウェブサイトの訪問者のフローを評価する良い方法です。
ユーザーフローツールをよく調べれば、訪問したページ、注文内容、サイトを離れた時刻が表示されます。
ウェブサイトを見つけるまで、あるいは製品を購入するまでに5ページを費やした場合、できるだけ早く手順を簡略化する必要があります。

どの程度までやればいいのか

セールス最適化をどの程度行えばよいのでしょうか?
ほとんどのウェブサイトは、複数ページに問い合わせフォームへのサイドバーがあって完璧です。
しかし、1ページに複数の問い合わせフォームを置くのはやめましょう。
中身の少ない状態から始める場合は、コンテンツが少ないために検索エンジンでオーガニックにランキングがつきにくくなります。
私の意見ですが、適切に最適化されたウェブサイトにはシンプルなサイドバーの問い合わせフォームが製品の関連ページに設置され、
ヒートマップのトップのセクションには電話番号が記載され、他の注目されるエリアには画像があって、
ポジティブかつ押し付けがましくない方法で製品の販売を促進します。

引用:Web Design Library  翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング