スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopブラシセットを作る方法

Photoshopブラシセットを作る方法

投稿日:2013年3月26日   レベル:初心者    ソフトウェア:Photoshop

このチュートリアルでは、Photoshopブラシセットを作る方法を紹介します。

Step1:はじめに

Photoshopのブラシは、疑いなくあらゆるデザインプロジェクトに役立ちます。
デザイナーはブラシを使っていつでも最高のグラフィックスを作り出します。
ブラシのないPhotoshopなど想像できないと言えるのは、使いやすくて仕上がりが本当に素晴らしいからです。

インターネットには十分なブラシセットがあるとはいえ、作業の内容とフィットするとは限りません。
そのような場合は、自分でブラシやブラシセットを作らざるを得なくなります。

はじめに

ここから先は、基本的なPhotoshopのツールやブラシオプションを使って簡単に自分でブラシセットを作る方法について紹介します。

作業を始める前に明確にすることがあります。
Photoshopにはツールとブラシツールについて例外なく次のようなルールがあります。

Photoshopではブラシの高さと幅が最大2500ピクセルに制限されています(古いバージョンのPhotoshopではさらに小さいです)。
仕上がりを良くするためにも2500ピクセル×2500ピクセルの大きさでブラシを作る方が良いでしょう。
もともとのブラシよりも大きいブラシを使うことによって画像をぼかすことができます。

ブラシプリセットピッカーをご覧いただければ(すでにご覧になっていると思いますが)、サムネイルの色は黒であることに気づくと思います。
別な色でブラシを作る場合、デザインをブラシにコンバートする際に、黒が不透明になります。
どの色も半透明になり(不透明度が0%から100%)、白が透明(0%)になります。
そのため、ドキュメントをグレースケールにコンバートする方が良いかもしれません。



Step2:新規ドキュメントを作成

説明はこの辺にして、ブラシを作りましょう。
通常は、Photoshopを開いて新規ドキュメントを作成します。
その場合は、600ピクセル×600ピクセルのサイズの高解像度の画像で、サイズは変更しません。
今回はサイズを2500ピクセル×2500ピクセルに拡大してください。
キャンバスを白く塗るか透明のままにするかは本人次第です。
ここでは白を使います。

新規ドキュメントを作成





Step3:ブラシオプションの設定

ここで作るブラシは写真に程よいぼけを加えます。
ブラシツールブラシツール(「B」キー)を選択するか、「ウィンドウ」−「ブラシ」を選択するか、「F5」キーを押すかしてブラシパネルからハード円ブラシ(19ピクセル)を選択します。

ブラシツール

続けて、ブラシに「シェイプ」や「分散」や「その他」のようなオプションを適用します。

シェイプ:サイズのジッターを75%まで増やします。

シェイプ

分散:散布を1000%、数のジッターを100%まで増やします。

分散

その他:不透明度のジッターを50%まで増やし、インク流量のジッターを75%まで増やします。
プレビューエリアでブラシの見栄えが表示されます。

その他



Step4:調整

オプションを設定したら、黒を選んで塗り始めます。
ブラシの直径が小さすぎる、あるいは泡が近づきすぎているように思えたら、「ブラシ先端のシェイプ」パネルで数字を増やします。

調整

キャンバスからはみ出た泡は消した方が良いでしょう。
消しゴム消しゴムツール(「E」キー)を使ってドキュメント内に円形の泡だけが残るようにします。

調整

調整



Step5:ブラシを定義

ドキュメントをブラシにコンバートするには、「編集」−「ブラシを定義」を選択し、ブラシ名を入力して「OK」をクリックします。

ブラシを定義

ブラシプリセットピッカーで、たった今作成したブラシが追加されているのがわかります。

ブラシプリセットピッカー



Step6:ブラシセットを作成

上記のステップに沿って新しいブラシを作ります。
「編集」−「プリセットマネージャー」からプリセットの種類で「ブラシ」を選択します。
作ったばかりのブラシが一番下に表示されます。
作ったブラシを選択して「セットを保存」を選択します。
それからブラシのパックに名前をつけて「.abr」ファイルで保存します。
すると簡単にブラシセットをロードできますし、他の人に提供することもできます。
これで自分のカスタムPhotoshopブラシセットができました。
おめでとうございます。

ブラシセット



引用:Web Design Library 著者:2expertsdesign.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング