ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > 抽象的な破片を使った宇宙のポスターを作成する方法

抽象的な破片を使った宇宙のポスターを作成する方法

投稿日:2014年3月14日   ソフトウェア:IllustratorPhotoshop

このチュートリアルでは、抽象的な破片を使った宇宙のポスターを作成する方法をご紹介します。

Step1:はじめに

IllustratorとPhotoshopのこのステップ・バイ・ステップ方式のチュートリアルに従って、抽象的なベクターの破片と強烈な宇宙のカラーを前面に押し出した活き活きとしたポスターデザインを作成してみましょう。
まずはIllustratorでベクターの破片を作ることから始め、Photoshopの描画モードや照明効果を使ってクールなポスター作品に仕上げます。

ここで作成する抽象的な破片を使った宇宙のデザインでは、たくさんの尖ったベクターオブジェクトを重ね合わせて、クールな半透明の模様を作り出します。
宇宙の背景と強烈な照明効果、さらには繊細な模様のオーバーレイなどを組み合わせることにより、洒落た革新的なスタイルが生まれます。

抽象的な破片を使った宇宙のポスターデザインを見る



Step2:イラストレーターで破片を描く

破片を描く

Adobe Illustratorを開いて、細長い長方形をアートボードに描いてください。
Shiftキーを押しながらオブジェクトのコーナーハンドルをクリックしてドラッグし、それを45度回転させてください。

破片を描く

直接選択ツールで2か所の最上点を選択して左上に少し動かし、シェイプの形を変えて垂直な角を作ります。

破片を描く

透明パネルでオブジェクトの不透明度を50%に変えてください。

破片を描く

ALTキーを押しながらクリックしてドラッグし、シェイプの複製をいくつか作成します。
Shiftキーを押しながらシェイプのサイズを大きくしたり小さくしたりして、元のシェイプの近くに適当に置いていきます。

破片を描く

破片が重なり合ってクールな見た目になるまで、破片の複製を続けてください。
シェイプ間に妙な隙間が出来ないように調整してください。

破片を描く

全てのシェイプを選択して、「オブジェクト」-「変形」-「リフレクト」を選んでください。
垂直のオプションを選択してコピーボタンを押すと、ミラー効果が得られます。

破片を描く

破片の内のいくつかの垂直の角同士が合い、残りも上手く重なり合うように、リフレクトで作成したシェイプ全体を移動させてください。

破片を描く

この2セットの破片を選択して再度リフレクトさせます。
ただし今回は水平のオプションを選択してください。
これらのシェイプがレイアウトの中心に来て、複雑に入り組み重なり合う模様となるように配置してください。





Step3:フォトショップで背景を作成する

背景を作成する

次に、Adobe Photoshopに切り替えて、新規のポスターサイズのドキュメントを作成します。
まずは中央にブルーの円形グラデーションを描いてください。

背景を作成する

Illustratorから破片をペーストして、カンバスの端まで届くようにサイズを調整してください。

背景を作成する

NASAのフリー画像のライブラリーからクールな宇宙の画像をダウンロードしてPhotoshopのドキュメントに加えてください。
描画モードをオーバーレイに変えて、デザインに上手く溶け込むようにしてください。



Step4:フォトショップで全体に効果をつける

全体に効果をつける

もう一度Illustratorに戻って、黒で塗られている破片を白の線に加えてPhotoshopにペーストし、元のシェイプに輪郭を合わせてください。

全体に効果をつける

輪郭のレイヤーをオーバーレイに変えて、レイヤーマスクを加え、輪郭の一部をソフトブラシを使ってふき取り、線がフェードインしたりフェードアウトするようにします。

全体に効果をつける

クールな繊細模様をダウンロードしてドキュメント全体に被せます。
ここではFoilという名前の模様を使って、描画モードは焼き込み(リニア)にセットしています。



Step5:フォトショップで光を加える

光を加える

新規レイヤーに大きなソフトブラシを使って白い点をいくつか描いてください。
このレイヤーの描画モードをオーバーレイに変えて、不透明度を調整して、ハイライトの強さをコントロールしてください。

光を加える

輝く太陽のフレアのストックフォトを探してください。
レベル補正を使って空が黒に見えるまで暗くして、フレアの周りを選択します。

光を加える

フレアの選択範囲をドキュメントにペーストしてサイズを整えて回転させ、破片が交差する部分に配置してください。

光を加える

描画モードをスクリーンに変えて黒い部分を透明にし、なげなわツールを使って、破片のラインに従いフレアの一部を消してください。

光を加える

フレアを半分消すことにより、遠近感が生まれ、破片が何層にも重なっているような印象を与えます。

光を加える

新規レイヤーに白の点をひとつ描いて、押しつぶして横に引っ張り、長く平らなシェイプにしてください。

光を加える

下半分に選択範囲を描き、それを消去し、描画モードをオーバーレイに変えて線状のハイライトのフレアを作成します。

光を加える

デザイン上に線状のフレアのシェイプをいくつか配置して、破片のシェイプの端にランダムにハイライトを付けます。

光を加える

先ほどの宇宙の画像から色をいくつか選んで、新規レイヤー上の一部に塗ってください。



Step6:完成

完成

この色を重ねたレイヤーの描画モードを色相に変え、下のレイヤーと混ぜ合わせて、不透明度を調整することにより、最終作品の総合的なカラースキームをコントロールしてください。



引用:Web Design Library 著者:Blog.SpoonGraphics 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング