スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > 女性向けのウェブサイトをデザインする方法

女性向けのウェブサイトをデザインする方法

投稿日:2014年6月27日

このチュートリアルでは、女性向けのウェブサイトをデザインする方法をご紹介します。

Step1:はじめに

女性の色やデザインの見方というのは男性とは異なります。
男性は通常、家のインテリアの色の調和については女性に任せます。
また、男性は女性の方が色の組み合わせのセンスがあることを知っていて、自分の服の購入すら女性に任せたりします。
男性は買い物に同行させてもあまり役に立ちません。
なぜなら、正常な視力があっても、色の微妙な違いを必死になって区別しようとするからですが、特に黄色、緑、青において顕著です。
これはユニセックスなデザインのウェブサイトを構築する際にも言えることです。





Step2:どうすれば女性に焦点を合わせたウェブサイトを構築できるか

尖った角を使わない

実質的に現在の全てのウェブサイトはグリッドスタイルが使われています。
これはグリッドを使ったレイアウトが審美的に魅力的でバランスが取れているからです。
しかし、女性がターゲットである場合には尖った角というのはあまりいい選択ではないかもしれません。
文字用に四角のボックスを使う以外に選択肢が無い場合には、角に丸みを付けることを忘れてはいけません。
そう言ったからといって、円や楕円を使わないといけないと言っている訳ではありません。

尖った角を使わない

色の選択に気を使う

全ての女性がピンク好きという訳ではありません。
少女や10代前半ならまだしも、大人になって人生がおとぎ話ではないことを知った女性はピンクを好まないでしょう。
ウェブサイトの色は販売する製品によって異なります。
バービー人形を売っているのであればピンクやピンク系でいいでしょう。
しかし、ファッション関係、例えばビューティサロンやスパのサイトであれば、文字が読みやすい白が最も好ましい選択でしょう。
他にはグレー系や赤系の色も女性がとても魅力を感じる色です。

色の選択に気を使う

男性が選んだ色を女性が気に入らないというのは良くあることです。
女性は男性とは色の見方が異なるので、ウェブサイトを構築する際には女性側から見て最適な色合いを選ばなくてはなりません。
もうひとつ考えるべきは、家庭での女性の役割です。
母親は家族のために買い物をして、色んなものを買います。
例えば、衣服、食料、家の装飾品、パーソナルケア製品などです。

色の選択に気を使う

もしウェブサイトの美しさを意識するのであれば、もっとも良いソリューションは女性が魅力を感じるものにすることです。

白い余白は女性受けする

女性は乱雑さを嫌います。
全てがきちんとしていることを好むのです。
仕事を持つ母親は仕事が忙しくても時間を見つけて家の掃除をします。
ほとんどの女性が白に魅力を感じるのも驚きではありません。
白は清潔で穏やか、ピュアでシンプルです。
白を使ったウェブサイトは信頼性と安心感を与えます。

白い余白は女性受けする

ナビゲーションが簡単であることの重要性

ほとんどの女性がオフィスでの空いた時間に商品を探してネットサーフィンをしているという調査結果があります。
多くの場合、すぐに仕事に戻る必要があるので、ウェブサイトはユーザーフレンドリーで分かりやすいナビゲーションが無ければなりません。
また、女性は忍耐強くないことも考えられます。
特にページの表示が遅い時にいつまでも待つということをしません。
昼休みに商品を探しているような場合には尚更です。
デザインの要素を賢く使うと同時に、女性が求めるものにマッチするように心がける必要があります。

ナビゲーションが簡単であることの重要性



引用:Web Design Library 著者:StacySummers 翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング