ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > ベストなホームページ作成ソフトを選ぶための5つのヒント

ベストなホームページ作成ソフトを選ぶための5つのヒント

投稿日:2014年12月26日   ソフトウェア:-

このチュートリアルではホームページ作成ソフトを選ぶためのヒントを紹介します。


Step1:はじめに

ご自身のウェブサイトを構築する際に、考えるべきことはたくさんあります。
ターゲットは誰なのか、何に関してのウェブサイトなのか、どんな見た目にするか等々、まだまだリストは続きます。
ウェブサイト構築を計画する際、遅かれ早かれ、最良のホームページ作成ソフトはどれなのかということを考えることでしょう。
この記事では、その選択を簡単にするための5つのシンプルなヒントをご紹介します。



Step2:ユーザーインターフェイス

作業時間の90%はユーザーインターフェイスと向き合うことになるので、最終決定を下す前にその使い方を理解しておく必要があります。
HTMLコードを記述することに慣れていないなら、ドラッグ&ドロップが可能なプラットフォームを選んだ方が良いでしょう。
言い換えれば、ページ上に単純にドラッグするだけでウェブサイト上の要素を操作するのです。
もしドラッグ&ドロップをお望みであれば、IM Creator や Weeblyのようなホームページ作成ソフトを探してみると良いでしょう。






Step3:テーマとテンプレート

もしHTMLなどのコードを熟知していないなら、一からウェブサイトを構築しなければならないと考えるだけで、おじけづいてしまうかもしれません。
有難いことに、多くのホームページ作成ソフトには、あなたのニーズに合うような様々なテンプレートやテーマが大量に付いています。

テーマとテンプレート



Step4:価格

非常に洗練されたウェブサイトを作成したいとお望みであれば、何らかの形でお金を支払わなければならない可能性が高まります。
ほとんどのウェブサイト作成ソフトには無料体験版があり、基本的な部分は無料で使えますが、さらなる機能を使うにはお金を支払う必要があります。
さらに、独自のドメインを持ちたいとお考えであれば、ほとんどの場合には支払いが生じます。



Step5:レスポンシブなデザイン

レスポンシブなデザイン

スマートフォンやタブレットを使ってネットサーフィンをする人がどんどん増えているため、あなたのウェブサイトもモバイル機器に対応している必要があります。
以前はレスポンシブなウェブサイトを作成するのはとても難しい作業でしたが、今日ではほとんどのホームページ作成ソフトがレスポンシブデザインに対応しています。
一部の会社の中には、顧客に2つのウェブサイトを作成させることにより、この問題を解決しようとするところもありますが、別々のウェブサイトを作成するというのはとても厄介な作業になるので、レスポンシブデザインのテンプレートが含まれたホームページ作成ソフトを選ぶべきでしょう。

さらに言えば、もしレスポンシブデザインのテンプレートが無いホームページ作成ソフトがあれば、今後2〜3年でそれが実現される可能性は低いでしょう。
インターネットの世界の変化に適応できず、過去数年の間に消えてしまったホームページ作成ソフトを考えてみてください。



Step6:ウェブホスティング

ほとんどのホームページ作成ソフトには何らかのウェブホスティングサービスがあります。
無料プランの場合、WeeblyやIM Creatorのようなブランド名が付いたドメイン名となりますが、その会社名が先に来て、あなたのアドレスが後に来ることになります。
小さな個人的なウェブサイトの場合にはそれでもいいかもしれませんが、商業用に使うのであれば、独自のドメイン名を購入することを考えるべきです。

ウェブホスティングに関して、いくつか考えるべきことがあります。
まず最初に、ウェブホスティングで得られる容量を吟味する必要があります。
完璧なウェブサイトを作成して、購入した容量ではサイズが足りずアップロードできないと後から気付いたら最悪です。
次に、どれだけの回線容量が与えられるかについても調査しておく必要があります。
回線容量の制限を超えたために訪問者があなたのウェブサイトを閲覧できないというのも最悪の事態です。



引用:Web Design Library   著者:VitaliyKolos  翻訳:幕澤



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング