スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

HomeHTML&CSS講座 > 適切なWordPressのテーマを選択する

適切なWordPressのテーマを選択する

投稿日:2015年01月30日

このチュートリアルでは適切なWordPressのテーマを選択する方法を紹介します。


Step1:はじめに

「適切なWordPressのテーマ」とは、これから作るサイト、すでに作ったサイトに関するすべてを意味します。
テーマは、数ある構成要素とともに、高品質なブログ構築の手助けをしてくれます。
高品質なブログとは、みんなが読みたいと思い、そのコンテンツが特定のトピックに関する最良の情報を提供していると信頼できるブログのことです。

ブログのテーマを選ぶこと自体は、難しいことではありません。
好きなテーマを見つけ、インストールし、有効化するだけなので、とてもシンプルです。
しかし、ブログに最適なテーマを選ぶとなると話は別です。
サイトの訪問者に可能な限り最高の経験をしてもらいたいなら、テーマをアップロードする前にいくつかのことを考慮しておく必要があります。



Step2:ブログの種類

テーマ一覧を見にいって目を引くテーマを探す前に、自分のブログはどんなタイプなのかを決めておくことが重要です。
ニュース形式のブログもあれば、ECショップを支援するブログ、運営するブログもあります。
クリエイティブなフリーランサーのポートフォリオサイトとして機能している場合もあるし、従来の企業サイトを表示するために使われている場合もあります。
テーマは使用目的に応じて作られているため、サイトの目的は確実にテーマ選定に影響を与えます。
大抵のテンプレートサイトでは、サイトの目的に応じてテーマを分類しています。
サイトの目的に合致したテーマを選ぶことによって、カスタマイズやコンテンツの表示がより簡単になるでしょう。

ブログの種類

Templates MonsterにあるCommunication Templateは、プロジェクトを目立たせるスライダーがついています。






Step3:モバイルフレンドリー?

Googleによると、75%のユーザーがモバイルフレンドリーなウェブサイトを好むようです。
これは、サイトへの訪問者がモバイル端末でアクセス可能であることを期待しているだけでなく、Googleも期待しているということを意味しています。

サイトをモバイルフレンドリーにするには、他のサイトと同様にWordPressにも2つの選択肢があります。
1つは、サイトのモバイル版を作成する方法です。
スマートフォンやタブレットでサイトを訪れると、ブラウザーからのリクエストによってサーバーがこのことを認識します。
そして、PC用のサイトではなく、小さいモバイル用のサイトが呼ばれ、端末に表示されます。

モバイルからの訪問者に対応するもう1つの方法は、レスポンシブなテーマを使うことです。
グリッドシステムを使ってデザインし、端末の画面サイズに応じてサイトの表示方法を調整します。

モバイルフレンドリー?

WebsiteTemplates.org にあるTeaTimeというテーマは、端末ごとにどう表示されるかが示されています。



Step4:デザイナーとしてのスキル

テーマ選択で最後に考えるべきことは、デザイナーとしてのあなたのスキルです。
他の多くのサイトと見た目が被ってしまうリスクがあるので、テーマをそのまま使いたがる人はいません。
サイトに独自性を出すということは、自分がまじめに取り組んでいること、価値のあるコンテンツを提供していることを、訪問者に示すことにつながります。

テーマの中には、カスタマイズが簡単ではなかったり、サポートがほとんどついていないものもあります。
WordPressやCSS、PHPを触った経験がある人なら、こういうテーマでも問題が起きることはほとんどありません。
しかし、初心者の場合は、このようなテーマを使ってサイトのブランディングやカスタマイズをすることは、ほぼ不可能でしょう。

WordPressは初心者にも熟練者にも魅力的なので、最も評判のいいテーマ作成者は、ユーザーがカスタマイズしやすいテーマを作成します。
ロゴをつけたり、色を変えたりする以上のカスタマイズができるようなテーマです。
一部のテーマでは、レイアウトやウィジット、見た目に独自性を持たせるためのたくさんのオプションが選択できるものもあります。

もう1つの選択肢としては、WordPressのテーマをゼロから作る、というものがあります。
決して不可能なことではありません。
多くの熟練開発者はそうしています。
しかし、たいていの場合は、好きなテーマからスタートし、それを基礎とした子テーマを作っています。
この方法は扱いも簡単で、既存のテンプレートを使うことで開発時間を短くすることができ、見た目のいいサイトができる素晴らしい方法です。



引用:Web Design Library  著者:JeffOrloff  翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング