スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > 写真を使って複雑な合成シーンを作る

写真を使って複雑な合成シーンを作る

投稿日:2015年5月15日   ソフトウェア:Photoshop

このチュートリアルでは、近未来的な手術室が現れる映画のワンシーンを作ります。

Step1:はじめに

描画モードを使ったリアルなガラスの作り方や、テキスチャー画像を使ったパターンの作成、テキスチャリング、デジタルペインティングやその他たくさんの興味深いテクニックをカバーしていきます。

このシーンを作るには、患者の部分に他の写真を合成する必要があります。
このシーンでは、患者は強力なコードで体を吊り上げられています。
その隣では医者が外科手術用の道具や器具の近くに立ち、患者の様子をメモしています。
向こうには、近未来的な半透明のモニターが置かれ、難しそうな記号が映し出されています。

最終画像

これがこれから作ろうとしている最終画像です。

最終画像





Step2:女性の画像を切り抜く

このステップでは、合成に使う女性の画像を詳細部分も含めて切り抜きます。

1.女性の画像をフォトショップに読み込み、下のように回転させます。

女性の画像を切り抜く

2.次にペンツール(P)を使って女性の周りにマスクを作成します。
髪の周りは大雑把でかまいません。

女性の画像を切り抜く

3.女性の周りにあるマスクを選択したまま、「境界線を調整」オプションを開きます。
エッジの検出の半径を2.1px、「滑らかに」を7、コントラストを23%にします。
髪のふちにそって半径調整ツールを使って女性の周りにマスクを作ったらOKボタンを押します。

女性の画像を切り抜く

4.マスクを使って、選択範囲を新しいレイヤーに分けます。

女性の画像を切り抜く



Step3:重力の向きにあわせて調整する

このシーンでは女性は強力なコードでつるされているので、女性の下半身を重力の向きにあうように調整します。

1.女性の下半身を新しいレイヤーに分割します。

重力の向きにあわせて調整する

2.移動ツール(V)を使って、女性の下半身を傾けます。

重力の向きにあわせて調整する

3.女性レイヤーの下に新しいレイヤーを作ります。 裂けてしまっているところを、白で塗りつぶします。

重力の向きにあわせて調整する

4.柔らかい丸いブラシを使って、境目がくっきりとしているところを消し、うまく調和するようにします。

重力の向きにあわせて調整する

5.全てのレイヤーを統合し、2560x1440ピクセルのカンバスに女性をインポートします。

重力の向きにあわせて調整する

これで完成です!



引用:Web Design Library 著者:PSDFAN.com 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング