ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > ウェブサイトにおけるブログの重要性

ウェブサイトにおけるブログの重要性

投稿日:2015年12月11日

このチュートリアルでは、ブログの重要性をご紹介します。

Step1:はじめに

あなたのビジネスや個人のウェブサイトにおいてブログがなぜ重要なのか、なぜブログを作ることを学ばなくてはいけないのか。これらのことをこの記事を通じて伝えていきたいと思います。次のようなポイントを軸に考えていきます。



Step2:なぜブログを作ることを学ぶべきか

・たくさんの人にサイトを訪れてもらうため
・サイトのSEO対策のため
・読者との関係をより良いものにしていくため
・読者があなたのことをウェブサイトではなく「一人の人間」として意識してもらうため





Step3:ブログはあなたのウェブサイトへのアクセスを増加させる

ブログがあると、訪問者は新しい記事がないかチェックするために、あなたのサイトを繰り返し訪問してくれるようになります。また、記事を投稿するときに似たページへリンクをはっておけば、古い記事へのアクセスを増やしたり、他のコンテンツへの興味をひくことができるかもしれません。

また、自分が専門性や権威を持っていることを示すためにブログを活用することもできるでしょう。テクノロジーや科学、また、携帯電話やゲームのレビューなど、さまざまなトピックや分野において、専門性を示すことができるでしょう。

ブログはあなたのウェブサイトへのアクセスを増加させる

ブログをチュートリアルとして使う、という方法もあります。エクセルの使い方、編み物の仕方、新しい言語の覚え方などを解説します。簡単なところから徐々に発展していけば、昔から訪問してくれている人が何度も再訪したり、新しく訪問してくれた人が過去の記事に興味を示すこともあるでしょう。



Step4:サイトのSEO対策を行う

ブログは、キーワードを繰り返して使うことができる場でもあります。キーワードを使った結果、あなたのサイトの検索順位が上がる可能性があります。ブログを作る前は、ウェブサイトの目的を考え、どんな人たちに伝えたいかを考えます。ブログを作るようになると、関連するテーマの記事、キーワードを繰り返し使った記事をブログに投稿するようになります。この結果、GoogleやBingでの検索結果からサイトへ訪れる人が増えます。

テーマに関係ない記事やキーワードのない記事をブログに投稿しても、自然と検索順位は上がっていくでしょう。ウェブサイトに新しいコンテンツを追加していっても、同じように検索順位は上がるでしょう。

キーワードを含んだ記事、テーマに沿った記事を頻繁にブログに投稿することで、訪問者の幅も広がるしSEO対策にもなります。



Step5:読者との関係をより良くする

ウェブサイトにブログを設けることで、訪問者はあなたのことを会社や組織ではなく「一人の人間」として実感するようになります。巨大な無機質な会社ではなく一人の人間だと感じるようになれば、あなたと交流したい、ウェブサイトをシェアしたい、何かを還元したい、と思うようになるでしょう。

また、前に述べたようにブログをチュートリアルとして使う場合は、その分野でのあなたの信頼度は上がるでしょう。



Step6:読者があなたのことをウェブサイトではなく「一人の人間」として感じるようになる

近頃は、ウェブサイトのコンテンツや会社の裏に人がいるということを忘れがちです。ブログでは、個性を表現することでサイトの裏に生身の人間がいることを実感してもらえるので、裏に人がいることを忘れられることは回避できます。

しかし、単にブログを書いているだけではダメです。ビジネスや会社ではなく「一人の人間」として実感してもらうためには、あなたのサイトや専門分野に関するコメントやツイート、フェイスブックの投稿などに対して、積極的に応えていく必要があります。

読者があなたのことをウェブサイトではなく「一人の人間」として感じるようになる

例えば、あなたがブログに投稿した記事についたコメント、チュートリアルについた質問に答えることで、読者は親近感を覚えるようになります。

最後になりましたが、サイトを覚えてもらいたい、何度もサイトに来てもらいたいと思っているなら、サイトの目的が何であれ、ブログを作ることを学ぶ必要がある、と考えています。ウェブサイトのコンテンツに関連するどんなブログ記事を書くのかを事前に考え、ブログに投稿することを習慣化しましょう。何も投稿していない期間が続くことは、できる限り避けましょう。



引用:Web Design Library 著者:VitaliyKolos 翻訳:なかけん



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング