ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

HomeHTML&CSS講座 > ワードプレスショートコードのサブベージリスト化

ワードプレスショートコードのサブベージリスト化

投稿日:2016年1月8日

このチュートリアルではワードプレスのソーシャルブックマークプラグインを紹介します。


Step1:リストをショートコードへ救出

最近、私はクライアントからの要望で、ページ内のどのエリアにサブベージがリスト化されているかを定義する方法を探していました。通常これはワードプレスが提供するwp_list_pagesファンクションを使って対処することができます。ただそれだと表はテンプレートファイルの中で使われてしまい、典型的なクライアントは何も知らずにいます。ですので、リストをショートコードへ救出しましょう!

あなたのテーマ内にある「functions.php」ファイルに下記のコードを加えてください。

/* Create shortcode to list subpages. */
function list_subpages() {
global $post;
$children = wp_list_pages('title_li=&child_of='.$post->ID.'&echo=0&depth=1');
if($children) {
return '<ul id="subpages"?>'.$children.'';
}
}
add_shortcode('subpages', 'list_subpages');

上記のファンクションが行うこと:
・サブベージの最新ページを取ってくる。
・最初のレベル(深さ)からのみ取ってくる。ほかのサブベージは取ってこない。
・もしサブベージがあれば、それらをリスト化して表示する。
・もしサブベージが無ければ、なにも表示しない。






Step2:辿ってきた元のページに戻す

ショートコードを使用するため、ページ内のリストを表示したいところに[subpages]とタイプしてください。これは素晴らしいと私は思いました!

しかし、もしクライアントが辿ってきた元のページに戻りたかったらどうでしょう?そのショートコードも作成しましょう!

あなたのテーマ内にある「functions.php」ファイルに下記のコードを加えてください。

/* Create shortcode for parent page. */
function list_parent_page() {
global $post;
$parent = $post->post_parent;
$parent_title = get_the_title($parent);
$parent_url = get_permalink($parent);
if($parent) {
return '<a href="' . $parent_url . '"?>« Back to ' . $parent_title . '';
}
}
add_shortcode('parentpage','list_parent_page');

上記のファンクションが行うこと:
・現在いるサブベージの元ページのタイトルとURLを取ってくる。
・もしそこに元ページがあれば、それらをリスト化して表示する。
・もしそこに元ページが無ければ、なにも表示しない。

ショートコードを使用するため、ページ内のリンクを表示したいところに[parentpage]とタイプしてください。



引用:Web Design Library  著者:jacorre  翻訳:山下



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング