スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > ウェブサイトを訪れる人達を悩ませる3つの方法

ウェブサイトを訪れる人達を悩ませる3つの方法

投稿日:2016年2月19日

このチュートリアルではサイト訪問者たちを悩ませる3つの方法を紹介します。


Step1:はじめに

良いウェブサイトを作るメゾットはすでに実験済みで確実な方法がありますが、素晴らしいウェブサイトを構築することはまだまだ捉え難いように思われます。ウェブデザインのコミュニティー内だけではなく、どのような状況の中でも大切なことは目的が時間とともに変化することです。しかしながら私たちはその変化を見づらくてイライラする価値の無いウェブサイトにしてしまう才能を生まれ持っているようです。

もしあなたも同じ才能を持って生まれたのなら、そしてその才能が大きく成長しようとしているのであれば、ここにユーザがウェブサイトでイライラする理由を3つ示します。この情報は周知の事実ですが、この度USIOが行った1300人への調査によりウェブサイトでのイライラの原因が実証されました。調査では多くの異なった回答がありましたが、ほとんどの答えが3つのカテゴリーのどれかに該当しています。

STOP



Step2:勝手に始まるビデオ、サウンド、そしてポップアップ

この回答がもっともユーザーを悩ませていているポピュラーな問題です。勝手に再生されるビデオは最悪です。(とくに見つけにくい場所のものやブラウザに隠されているもの)

しかしポップアップウインドウはもっと多くの回答を受けています。ユーザーは襲われ、混乱させられ、見張られているような気分になります。そして誰もポップアップが好きではありません。問題はビデオやポップアップを有効利用することは出来るのに、戦略的に活用しようとすると実際にはただ表示されるだけになることです。

幾つかのウェブサイトでは、ユーザーがコンテンツに興味がある時だけポップアップを表示するといった有効活用がされています。ポップアップの内容が有用なインフォメーションであったりコミュニケーションの機会を提供する場合は歓迎されるかもしれません。






Step3:無秩序で困惑させるウェブサイト

いくつかのウェブサイトはとても粉らしいです。この問題は多くの予想可能な理由によって典型的に起きるでしょう。1つは、ウェブサイトが複雑なナビゲーションをサイト内に構築することによって起こります。

グーグルでさえそのようなウェブサイトを探索ボットでナビゲートできないと報告しています。あるサイトではサイト内ナビゲーションを通してアクセス出来ないページがあります!これはヒドイですし、ユーザーもこのようなサイトは嫌いです。またあるサイトでは、単に苛立たせて悪印象を与えるだけの機能しないページを抱えています。たとえあなたがすべてを投げ出したくなっても、短くてもいいので根気よく簡潔なサイトのアウトラインを修正することから始めるべきです。



Step4:20ドルで作られたように見える安っぽいサイト

とても見た目の良いテンプレートと簡単なサイトデザイン設計だけで構築されたウェブサイトは、ゴミのような見た目にしかなりません。しかしある一定の人たちは同じようにサイトを構築し、そしてそのダメな見た目の原因の多くはサイトで使用するイメージの選択にあります。もし質の高いウェブサイトに質の低いイメージや写真で満たしていれば、ウェブサイト全体のクウォリティーが低下することになるでしょう。ウェブサイトはそのサイトの中で一番質の低い要素と同じ程度に見えてしまいます。なので質の低いイメージを使わないようにしてください!



引用:Web Design Library  著者:VitaliyKolos  翻訳:山下



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング